ガジェット

【迫力と臨場感あるサウンド】イヤーピース『コンプライ イヤーピース:Tsx-200』レビュー

コンプライTSX200

今回は私が愛用しているイヤホン用イヤーピースコンプライ:Tsx-200』の紹介をしようと思う。

 

 

イヤーピースのイメージ:高い

イヤホンの音質にこだわりたいと思い始めたころ、ネット各所でささやかれているある情報が気になっていた。

 

「イヤーピースを変えると、安物イヤホンが高級品に化ける」

その当時、イヤホンが自分好みの音楽を流してくれればいいくらいに思っていた私は、いつもイヤホン付属のイヤーピースを使用していた。

 

なぜか。

イヤーピース、意外と高い。

 

当時使用していたイヤホンなんてせいぜい高くても5,000円程度だったが、イヤーピースは3組3,000円。

イヤホンがもう一つ購入できてしまう価格にのためな、かなか購入に至らなかった。

 

購入したのはコンプライ社製『Tsx-200

コンプライTSX200

初めて購入した完全ワイヤレスイヤホン『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless』と一緒に購入したのは、コンプライ社製『Tsx-200』。

本製品をを約1年半使用してきたが、フィット感、音質の向上など、「音を聞く」ということを本当に楽しくしてくれた。

 

フィット感の向上

コンプライTSX200

コンプライのイヤーチップは低反発のポリウレタン素材で、一度指で押しつぶした後ぎゅっと耳の奥に入れると、耳の形状にしっかりフィット。

また、「Tsx」シリーズは日本人の外耳の形状に合わせたアジアンフィットというシリーズ。

これのおかげで、ぴったり耳にフィットして遮音性抜群で、ワイヤレスイヤホンにありがちな振動によるゆるみや落下の危険も全くなし。

 

さらに「耳垢ガードつき」なので、大事なイヤホンのの外側のスポンジを汚さないのもGOOD。

 

音質の向上

コンプライTSX200

イヤーピースの最大の恩恵は、この音質の向上だろう。

 

イヤホンの性能が音質を左右するすべてだと思っていたが、それは間違いだった。

Tsx-200』は、良い音を「いかにしてに届けるか」ということもまた重要だと教えてくれた。

 

付属のイヤーピースでも十分に音が出ていると感じていたが、『Tsx-200』は次元が違った。

低反発ポリウレタンが耳の形状にぴったりとフィットし、音を逃がさない。

耳元に楽器や歌手がいるような臨場感。

密度の濃い音圧の表現。

音楽を鼓膜、脳にダイレクトに届けてくるイメージ。

同じイヤホンを使用しているのに、これまで聞いてた音楽は何だったのだろうと不思議に思ってしまうほど、迫力あるサウンドが流れてくる。

 

言い換えれば、これまでのイヤーピースは音がどこかに抜けていっているようだった。

歌や音楽の大切な部分が、スルリとすり抜けていってしまっているような感覚。

 

初めて『Tsx-200』を視聴してから間もなく、「これだ!」と感じ購入に至った。

 

私の使用環境(イヤホンとイヤーピース)

ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2

私は現在ワイヤレスイヤホン、ゼンハイザー『MOMENTUM True Wireless 2』と『Tsx-200』をセットにして使用している

テレワークやカフェなどで仕事をする際、

抜群の遮音性

質の高い音楽

を両立することができるようになり、かなり落ち着いて仕事ができるようになった。

(外音のほぼすべてを遮断することで、かなり集中力が高まる。)

ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2
ワイヤレス最高の音質。音にこだわるワイヤレスイヤホン『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2』レビュー

続きを見る

 

まとめ

『Tsx-200』を使用している中でも、他社のイヤーピースが気になり、『JVC:スパイラルドット』や『AZLA SednaEarfit』なども試してみたが、シリコンタイプはどうもフィット感が足りず継続使用には至らず。

結局は、『Tsx-200』に戻ってきてしまうことに。

 

いろいろ、試してきたがこのイヤーピースとかなり長い時間を過ごすことになりそうだ。

もし今のイヤホンの音質に多少なりと不満を感じているのであれば、ぜひこの『Tsx-200』を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク