Life

【これで解決!】「Fire TV Stick」が映らないときの解決方法と手順を紹介

Fire TV stick 4K

 

Amazonから発売されている「Fire TV Stick」はAmazonプライムビデオ、YOUTUBE、Netflixなど様々なストリーミングサービスを利用できるようにするとても便利なデバイスだ。

自宅でも旅行先に持ち出しても使えるので、大人・子ども問わず大活躍している。

 

「Fire TV Stick」を使っていると、希に電源をつけても映像が映らなかったり、フリーズしてしまったりと不具合が発生することがある。

今回は、「Fire TV Stick」が映らなくなってしまった時の解決方法や手順を、解決可能性が高い順に紹介していく。

 

解決方法① 本体を再起動する

 

「Fire TV Stick」の不調の90%は「Fire TV Stick本体の再起動」で改善する。

 

再起動の方法

  1. 電源ケーブルを抜いて再起動
  2. リモコンを使って再起動

 

この二つの方法があるので、やり方を以下の方法を参考にしてみてほしい。

 

1.  電源ケーブルを抜いて再起動

Fire TV stick 4K

Fire TV Stickが映らない時は、電源ケーブルを抜いて再起動するのがおすすめ。

 

「Fire TV Stick」本体のMicro-USBケーブルを抜く or 電源プラグ自体をコンセントから抜く

10秒ほどたったら、抜いた電源ケーブルを差し込むと再起動する。

 

少し乱暴に見えるが、「Fire TV Stickが映らないとき」はこれ以外の方法で再起動はできない。

困ったらまず、電源を抜いてしまおう。

 

この方法で、「Fire TV Stick」のほとんどの不具合は改善するはずだ。

 

2.リモコンを使って再起動

「Fire TV Stick」は付属のリモコンでも再起動ができる。

 

リモコンを使った再起動の手順

  1. Fire TV Stickのリモコンの「選択」と「再生/一時停止」ボタンを同時に5~8秒ほど長押し
  2. テレビ画面上に「Fire TV Stickの電源をオフにしています」というメッセージが表示され、再起動がスタート

 

普段の再起動なら、これが一番スマート

※「Fire TV Stickが映らない」状態では使えない方法なので、「電源ケーブルを抜いて再起動」がおすすめ。

 

解決方法② 電源プラグの差込口を変えてみる

パソコンテレビ連動電源タップ

再起動をしても画面が映らない場合は、「電源プラグの差込口」の場所を変えてみよう。

 

ここで考えられる可能性としては、

  • 本体に電気が送られていない
  • 本体に送られる電気量が不安定

の2つ。

 

電源タップやテレビのUSB-A端子から電力供給している場合は、周辺の接続機器によっては供給電力が不安定になり、「Fire TV Stick」が起動できない場合がある。

おすすめの差込口は、壁にある電源口への差し替え(一番電力が安定するため)。

一度、自宅の壁電源に電源プラグを差し込んで、「Fire TV Stick」を起動させてみよう。

 

解決方法③ 電源ケーブルのを交換

 

電源プラグの差込口を変えても症状が改善されない場合は、「電源ケーブルの不具合」の可能性がある。

 

「Fire TV Stick」は本体に液晶LEDライトが付いていない。

そのため、電源ケーブルが破損して本体起動しいなくても、外からではわからない。

 

一度、手持ちのMicro-USBケーブルを「Fire TV Stick」に挿し込んでみて、画面が映るかどうかを確認してみよう。

 

解決方法④ HDMIを挿しなおしてみる

Fire TV stick 4K

ここからはHDMI接続についての問題を解決していこう。

まず最初に試すのがHDMIの挿しなおし。

 

「Fire TV Stick」を長期間使っていると、テレビの振動や掃除ののときに本体に触れて、HDMIケーブルとテレビの接続が緩んでしまうことがある。

HDMIケーブルを一度抜いて、テレビのHDMI端子の奥までしっかり挿し込んでみよう。

「Fire TV Stick」とテレビの間にHDMI延長ケーブルがある場合は、合わせて接続状態を確認しておこう。

 

解決方法⑤ HDMI差込口を変えてみる

テレビHDMI

HDMIをしっかり挿し込んでも映像が映らない場合は、「HDMI差込口」を変えてみよう。

 

この場合の原因は、

テレビ側のHDMI端子の不具合や故障の可能性がある

ということ。

 

テレビにはいくつかのHDMI入力端子が備え付けられているので、別のHDMI端子に「Fire TV Stick」を接続してみよう。

 

解決方法⑥ HDMI切替機など、中継器を外す

 

少し古いテレビはHDMI端子の数が少ないため、「HDMI切替機」と「Fire TV Stick」やブルーレイレコーダーを接続して使っている場合がある。

 

「HDMI切替機」は物理ボタンでHDMI接続先を変更するので、故障してしまうことが多い。

(特に中華製の安価な切替機によく発生する。)

 

もし、「HDMI切替機」を使用している場合はそれを外し、「Fire TV Stick」とテレビのHDMI端子を直接つないでみよう。

 

これで症状が改善する場合もある。

 

解決方法⑦ HDMI延長ケーブルを交換してみる

Fire TV stick 4K

HDMI延長ケーブルを使用している場合は、「HDMI延長ケーブルを交換」すると映像が映る場合がある。

 

原因は

HDMIケーブルの断線

 

「Fire TV Stick」を延長ケーブルなしで直接テレビに接続するか、AmazonなどでHDMI延長ケーブルを購入して試してみよう。

 

最終手段「初期化」よりも買い替えがおすすめ

 

これまで紹介してきた内容で「Fire TV Stick」が映らなかったり、フリーズが頻発したりする場合には、最終手段として「本体の初期化」という方法がある。

 

初期化の方法

 

  1. リモコンの「戻る」ボタンとカーソルボタンの「右方向」を同時に10秒間長押しする
  2. 「工場出荷時の設定にリセット」という画面が表示され、20秒間のカウントダウンがスタート
  3. 「OK」を選択するか20秒経過するとFire TV Stickの初期化が開始

 

ただ、私の経験上ここまでいろいろやって映らなかったり、フリーズする「Fire TV Stick」は、ほぼ故障しているといってよい。

一時的に症状が改善しても、また不具合を起こす可能性が高い。

 

症状改善にかける手間や時間を考えると、買い直しがおすすめだ。

(特にAmazonセールなどを狙って購入できれば、定価よりも2,000~3,000円ほどお得に購入できる。)

Fire TV Stick」が不調になってきたり、古くなってきた方は買い替えを検討してみてはいかがだろうか。

 

まとめ

今回は「Fire TV Stick」が映らないときの解決方法と手順を紹介してきた。

「Fire TV Stick」自体は単純な機構なので故障しずらいが、やはり何かのきっかけで不具合を起こしてしまうことがある。

 

今回の解決方法を試して、ぜひ快適に「Fire TV Stick」をご使用いただける環境を取り戻してください。

スポンサーリンク