Life

アイスコーヒーがおいしい!シンプルでおしゃれなコーヒーメーカー『デロンギ クレシドラ』をレビュー

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

おいしいコーヒーとアイスコーヒーが淹れられる、シンプルでおしゃれなコーヒーマシン。

 

今回は、デロンギから発売されたドリップコーヒーメーカー「クレシドラ(CLESSIDRA)」を紹介していきます。

 

先日、我が家のデロンギのコーヒーメーカー(ICM14011J)がうんともすんとも言わなくなり、10年ぶりにコーヒーメーカーの買い替えを決意。

以前とは仕事も生活スタイルも変わり、

  • 朝の時間をゆったり過ごしたい。
  • 私も妻もコーヒー党なので、毎朝のコーヒーは欠かさない。

という状況。

せっかくなので、自分たちの生活スタイルに合ったコーヒーメーカーを購入しようと思い商品を選ぶことにしました。

 

結論:使って良し、インテリアにしても良しのコーヒーメーカー

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

あたらしいコーヒーメーカーにほしいと思った機能は以下の5つ。

  • おいしいコーヒーが淹れられる
  • アイスコーヒーが作れる
  • 一度にたくさん抽出できる
  • お手入れが簡単
  • シンプル・おしゃれ

この5つをバランス良くまとめてくれたのが、今回紹介するデロンギの『クレシドラ(CLESSIDRA)』。

 

ホテルマンという仕事柄、業務用のコーヒーマシンに触れる機会がとても多いのですが、この『クレシドラ』は業務用品に劣らず非常にレベルの高い製品だと思いました。

 

  • ドリップ、アイス共に専用モードで香り高いコーヒーを淹れられる。
  • パーツも少なく、お手入れも簡単。
  • それでいてガラス素材とグレーのパーツのコントラストが美しい。

 

使って良し、インテリアにしても良しの非常にレベルの高い製品で、使用開始してから半年以上たった今、改めて買ってよかったと思える製品です。

 

デロンギ『クレシドラ』の特徴

 

ECBC認証モードでおいしいコーヒーが淹れられる

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

デロンギ『クレシドラ』はECBC(ヨーロッパ・コーヒー・ブリューイング・センター)という、コーヒーの抽出性能や風味を検定する機関の認定を受けた、数少ないコーヒーメーカー。

ECBC認定の家庭用コーヒーメーカーは、世界で34台しかなく、ほとんどが5万円を超える高級機かつ、日本未発売。

 

このデロンギ『クレシドラ』は、日本国内でECBC認証のおいしいコーヒーを手の届く価格で楽しめるほぼ唯一のコーヒーメーカーといえます。

(そのほか日本国内で販売されるのECBC認証コーヒーメーカーはテクニフォルムの「モカマスター」くらい。)

 

抽出されたコーヒーは非常に香り豊か。

以前のコーヒーマシンと同じ豆を使用しても、コーヒーの表情がまったく違って見えるのは抽出技術の高さなのでしょう。

個人的には、勤め先のホテルで使用しているデロンギやWMFなどの全自動コーヒーメーカーと比べても大きく劣らないと感じます。

(スーパーで売っているコーヒー豆でも、かなりおいしく淹れてくれるのもいいところ。)

 

ECBC承認とは?

ECBC認証とはコーヒーの抽出性能や風味を検定する機関による、いくつもの厳しい検査を受け、それに合格したコーヒーマシンのみが受けられる品質の証です。

 

ECBC認証基準

1.抽出の温度が92~ 96ºC内で安定している。

2.最適な「抽出率」と「濃度」の基準を満たしている。

 ・Solubles yield(コーヒー成分の抽出率):18~22%

 ・Solubles concentration(コーヒーの濃度): 1.30~1.50%

1リットル当たり、50~60グラムのコーヒー豆を使用。

抽出時間は8分以内。

3.コーヒーの抽出が均一で安定している。

4.最初の一分間、コーヒー豆を蒸らしている。

5.抽出用のお湯が、コーヒー粉にムラなく注がれている。

6.抽出後のコーヒーに沈殿物はない。

7.抽出後のコーヒーが30分以上、80℃以上で保温されている。

8.その他必要に応じた検査

 

かなり厳密な検査や基準が設けられており、世界中で34台しか基準を超えられないのもうなずける。

デロンギ『クレシドラ』はこの厳しい基準を潜り抜け、おいしいコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーだ。

認証されている家庭用コーヒーメーカーの一覧

 

アイスコーヒー専用モードが夏に大活躍

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

デロンギ『クレシドラ』は、ドリップコーヒーマシンには珍しい、アイスコーヒー専用モードを搭載。

アイスコーヒーもECBC認証モードで抽出されるため、香り高く、非常にコクのある仕上がり。

一度に最大10杯分(1.25L)を抽出できるので、夏のアイスコーヒー需要にも十分対応できるのがうれしい。

 

約10分で本格的なアイスコーヒーが楽しめる

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

ガラスジャグにたっぷり氷を入れて抽出を開始すると、キンキンに冷えたアイスコーヒーを楽しめます

抽出時間、たったの10分。

以前は水出しのアイスコーヒーのみを作っていましたが、「完成まで丸一日」かかっていたことを考えると、このスピードはとても魅力的。

飲みたいと思った時にすぐ飲めるをかなえてくれるありがたいコーヒーマシンです。

 

一度に1250mlの大容量抽出ができる

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

クレシドラ』のコーヒー最大抽出量は「10杯分(1.25L)」。

実際に使ってみると、この大容量抽出がとってもありがたいんです。

 

抽出のメリット

  1. 朝のコーヒー
  2. 夫婦二人分の会社に持っていくコーヒー

を同時につくれる。

 

これまで使っていたコーヒーメーカーが700mlの抽出しかできず、朝のコーヒーと会社用のコーヒーを別々に作る必要があり2度手間でした。

1度の作業でたくさんのコーヒーを淹れられるのは、忙しい朝にはとてもうれしい機能です。

 

パーツが少ないのでお手入れ簡単

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

クレシドラ』のパーツは全部で6つのみ。

 

『クレシドラ』のパーツ

  1. 本体
  2. 水タンクのふた
  3. ウォータージャグ
  4. フィルターホルダー
  5. フィルターホルダーのホルダー
  6. 計量スプーン

これらパーツ6つのうち、洗う必要があるのが「ウォータージャグ」と「フィルターホルダー」のみ。

お手入れが非常に簡単にできるのは、忙しい朝などではとてもありがたいです。

 

シンプルで洗練されたデザイン

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

丸みを帯びた流線型のデザインに、マッドなグレーのボディーとガラスの透明なコントラストが美しい。

 

機能性はもちろんのこと、見た目が良いとついつい毎日使いたくなるもの。

おいしいコーヒーが楽しめて、インテリアとしても楽しめる製品というのがとても素敵です。

 

注意ポイント①:サイズは大きめ

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

クレシドラ』のサイズは少し大きめ。

 

クレシドラのサイズ(実測)

タテ×ヨコ×高さ = 25cm×19cm×32cm

(ジャグの取っ手は本体から5cm飛び出るので、タテ×ヨコの最大は30cm×24cm)

特に背が高いので、購入前にしっかり置き場所と本体サイズを確認しておきましょう。

 

②フィルターは大きいサイズが必須

『クレシドラ』は抽出量が多いため、コーヒーフィルターも大きめ。

カリタ コーヒーフィルター 4~7人用」がぴったりのサイズだったのでおすすめ。

一般的な2~3人用だと小さすぎるので、気を付けましょう。

 

アイスコーヒーモードでコーヒーを淹れる手順

ここからは、実際にアイスコーヒー淹れる手順とポイントを紹介。

(今回は最大量の8杯分のつくる方を紹介していきます。)

 

アイスコーヒーを作るための水、コーヒー豆の分量は以下の通り。

コーヒー量 コーヒー粉

(すり切り)

8杯分 625ml

(水タンクのIce Coffe MAXメモリまで)

8杯 540g

(ジャグのMax ice Cubesまで)

6杯分 450ml 6杯 405g
4杯分 375ml 4杯 270g

アイスコーヒーは消費量が多いので、最大量で作ってボトルに詰め替えて取っておくのがおすすめ。

 

①水を入れる

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

まず最初に上部のふたを開けて水を入れていく。

水はアイスコーヒー用の分量(Ice Coffee/8 MAX)のところが最大。

 

②氷をジャグの8メモリまで入れる

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

氷は8杯分まで入れればO.K.

氷をみっちり入れないとコーヒーが冷え切らない場合もあるので注意。

 

③コーヒー粉は摺り切り8杯

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

コーヒー粉も付属のスプーンで「すり切り8杯」を入れる。

フィルタースタンドをスタンドに立てておくとかなり安定するので、コーヒー粉を入れやすいです。

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

フィルターホルダーを持ち上げて、

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

ガラスジャグにコーヒー粉をセット。

 

④「右側のボタンを2度押し」してアイスコーヒーモードスタート

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

アイスコーヒーモードは「右側のボタンを2度押し」。

ここが意外と注意ポイント。

右側のボタンは、

  • 1度押し → プアオーバーモード(デロンギ独自のコーヒーモード)
  • 2度押し → アイスコーヒーモード

となっているので、必ず「右側のボタンを2度押し」しよう。

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

ボタンを押し終わると、「ピー」という音がなりボタンのランプが光る。

 

⑤お湯が沸騰してアイスコーヒー抽出開始

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

コーヒー抽出をスタートすると、まずお湯が沸騰する。

これまで使ってきたコーヒーメーカーは、お湯が沸いている状態を見れれるものが無かった

少しずつ沸いていく水の様子はちょっと楽しい。

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

お湯が沸騰したら、コーヒーの抽出開始。

コーヒーの抽出は蒸らしも含めて数回に分けて、10分ほどじっくりと行なわれる。

 

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

 

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

抽出が終わると、「ピー」と鳴ってアイスコーヒーの出来上がり。

出来上がったアイスコーヒーは8杯分のメモリちょうど。

ここにもデロンギ製品のつくりの良さが現れている気がします。

 

出来立てのアイスコーヒーはおいしい!

デロンギクレシドラコーヒーメーカー

一口飲んで「これはおいしい!」と思った。

  • コーヒー本来の香りや、苦みがしっかりと口全体に広がる。
  • 雑味なくちょうどいい濃さに仕上がっている。

しっかり楽しめるアイスコーヒーが、一般的なドリップコーヒーと同じ機械で淹れられることにとても驚きました。

 

水出しアイスコーヒーとの違い

これまで我が家では水出しアイスコーヒーが主役で、コーヒーマシンでドリップのアイスコーヒーを作ることはありませんでした。

(通常のドリップコーヒーメーカーの場合、蒸らしが足りなかったり、雑味が出たりして好みではなかったため。)

 

私も仕事上お客様にご提供するコーヒーを豆から選んだりしますが、水出しにもドリップにもすれぞれ良さがあります。

アイスコーヒーの特徴

水出しアイスコーヒー   → 透明感の高い澄んだ味わいとキレ

ドリップアイスコーヒー  → 香り高さと深いコク

 

デロンギ『クレシドラ』は、

香りとコクをしっかり引き出したアイスコーヒー

を抽出できる点で、水出しアイスコーヒーとは別の角度でアイスコーヒーを楽しませてくれます。

 

まとめ

 

今回は、デロンギから発売されているドリップコーヒーメーカー『クレシドラ』をレビューしてきました。

ドリップコーヒーも、アイスコーヒーも両方おいしいコーヒーが淹れられる、一年中活躍してくれるコーヒーメーカー。

更に見た目もスタイリッシュなので、キッチンに置いてインテリアとしても十分満足できる仕上がり。

我が家のように共働きで、朝コーヒーをたくさん作りたいと考えている方々には、持ってこいの製品です。

 

ぜひ、夏を前にこの『クレシドラ』のご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク