ガジェット

ソニー『WH-1000XM4』、ゼンハイザー『MOMENTUM3』 人気のワイヤレスヘッドフォン実際に使って徹底比較してみた

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

 

ノイズキャンセリングのソニー、高音質のゼンハイザー

 

今回は、今人気のハイエンドワイヤレスヘッドフォンの比較をしていきたいと思います。

比較するのは、

ソニー:『WH-1000XM4』

ゼンハイザー:『MOMENTUM3』

どちらもとても素晴らしいヘッドフォンで、利用シーンによって使い分けています。

ただ、どちらも素晴らしいことはわかるのですが、どちらがどう素晴らしいのかはとても分かりにくいです。

価格も安くはありませんので、私も購入時にはとても悩みました。

(結局二つとも買ってしまいましたが。)

 

今回はハイエンドワイヤレスヘッドフォンで人気を二分する、ソニー『WH-1000XM4』、ゼンハイザー『MOMENTUM3』二つのヘッドフォンの特徴について、実際に使用して感じたことを解説していきたいと思います。

 

結論:ノイズキャンセリング性能→『WH-1000XM4』、音質→『MOMENTUM3』で選ぶのがおすすめ。

 

二つのヘッドフォンの特徴は、以下の通り。

特徴
WH-1000XM4
  • ノイズキャンセリング強い
  • 音質はアプリ調整(モニター機)
  • 軽量・コンパクト
MOMENTUM3
  • こだわりの音質(サウンド機)
  • 音ズレ・遅延なし

特に際立つのが、「ノイズキャンセリング性能」と「音質」の2点です。

 

『WH-1000XM4』:業界トップレベルのノイズキャンセリング性能

SONYWH100MX4

WH-1000XM4』はノイズキャンセリング機能が頭一つ抜けています。

業界内でも一番を争う性能で、ONにした瞬間、周囲の環境音が「シーン」と静まり返ります。

 

騒がしい場所でのリモートワーク、バスや飛行機などの騒音が気になる場所での利用では非常に力を発揮してくれます。

(コンパクト・軽量なので持ち運びもO.K.です。)

 

ノイズキャンセリング性能の高いヘッドフォンを探している方には間違いなくベストバイの製品です。

個人的に、これ以上静かになるヘッドフォンは今のところありません。

 

詳細を紹介した記事はこちら↓

SONYWH100MX4
静寂へようこそ。圧倒的ノイズキャンセリング性能のワイヤレスヘッドフォン『SONY:WH-1000XM4』をレビュー

続きを見る

『MOMENTUM3』:高音から低音まで美しい音質

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

MOMENTUM3』はその音質に性能のほぼすべてを振り切っています。

サイズも大きく重めですが、思わずうっとりする高品質なサウンドを聴けば多少のデメリットは気になりません。

 

ゼンハイザーらしい、原音を損なうことなく高音から低音までクリアに響かせる音質。

このチューニングとスピーカー性能は、アプリによるイコライザー設定をしなくても十分なほどです。

 

音質面から言えば『WH-1000XM4』と『MOMENTUM3』には明確な設計思想の差があります。

音質設計の違い

  • 原音キレイに再生、アプリで味付け →『WH-1000XM4』
  • メーカーのこだわりの音質を楽しむ →『MOMENTUM3』 

試聴で『MOMENTUM3』の音質を気に入ったら、こちらを購入することをおすすめします。

他のヘッドフォンでは決して同じサウンドは出ません。

 

詳細を紹介した記事はこちら↓

momentum3ワイヤレスヘッドフォン
最高の音質。耳が幸せになるワイヤレスヘッドフォン、ゼンハイザー『MOMENTUM 3』をレビュー

続きを見る

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,755 (2021/12/07 03:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

こんな方におすすめ

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

それぞれのヘッドフォンがおすすめなのはこんな方。

『WH-1000XM4』がおすすめ

  • 強力なノイズキャンセリング性能がほしい
  • 音質はアプリで調整したい
  • 屋外使用がメイン
  • 持ち運びが多い
  • 軽量・コンパクトなヘッドフォンが欲しい

 

『MOMENTUM3』がおすすめ

  • 完成された音質・サウンドを楽しみたい
  • ノイズキャンセリングの「キーン音」が苦手
  • 自宅使用がメイン
  • あまり持ち運びしない
  • 音質のためなら重さは関係ない

 

ヘッドフォン?イヤホン?どちらがおすすめ?

amazonaudibleオーディブル

会社などでよく聞かれるのが、

ヘッドフォン、イヤホンどちらがおすすめ?

という質問。

 

私もワイヤレスヘッドフォンやワイヤレスイヤホンを購入しようとしたとき本当に悩みました。

(価格が高いのでたくさん買えないし、どれか一つの機器でまかないたいと思っていたので。)

 

結果、複数のイヤホン、ヘッドフォンを使って思うのは、

各デバイスに一長一短があり、すべての利用シーンを一つではカバーできない

ということです。

 

利用シーンに応じて使い分けよう!

amazonaudibleオーディブル

ヘッドフォンにはそれぞれ特徴があるので、利用シーンに応じて使い分けるのがおすすめです。

私はワイヤレスヘッドフォン2台、ワイヤレスイヤホン1台を利用シーンに応じて使い分けています。

 

私が使っているデバイス

ワイヤレスヘッドフォン

ワイヤレスイヤホン

それぞれを下記のようなシーンで使い分けしています。

ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2
ワイヤレス最高の音質。音にこだわるワイヤレスイヤホン『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2』レビュー

続きを見る

 

例:私の利用シーンごとの使い分け

 

例えば私は3つのデバイスを下記のように使い分けています。

利用シーン おすすめ機器
自宅で音楽・動画視聴 MOMENTUM3
自宅テレワーク(子ども不在) MOMENTUM3
自宅テレワーク(子どもいる) WH-1000XM4
自宅外テレワーク WH-1000XM4
通勤 MOMENTUM TrueWireless 2
お風呂 MOMENTUM TrueWireless 2
ランニングなど MOMENTUM TrueWireless 2

 

静かな場所、音楽・動画視聴をじっくり楽しみたい

→ 高音質の『MOMENTUM3

 

騒がしい場所での作業、持ち運びをする

→ ノイズキャンセリングの『WH-1000XM4

 

毎日の持ち歩きや、スポーツ、お風呂

→ 小型・防水の『MOMENTUM TrueWireless 2

 

音が良いヘッドフォン、音を遮断してくれるヘッドフォン、気軽に持ち出せる防水のイヤホン。

それぞれ特徴があり、それぞれのデバイスで最も性能を発揮できるシーンで使うのがおすすめです。

(モノが増えるのが難点ですが。)

 

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,755 (2021/12/07 03:36:57時点 Amazon調べ-詳細)
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥27,000 (2021/12/06 10:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

1.仕様比較

 

まずは、『WH-1000XM4』と『MOMENTUM3』の製品仕様をまとめます。

製品仕様 WH-1000XM4 MOMENTUM3
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
コーデック SBC, AAC, LDAC SBC、AAC、aptX、 aptX-LL
オーディオ入力 Bluetooth,ステレオミニプラグ, USB-C Bluetooth, ステレオミニプラグ, USB-C
USB規格 USB-C USB-C
動作時間 30時間 17時間
重量 251g(実機測定) 311g(実機測定)
ノイズキャンセリング機能 2種 

・通常モード

・風ノイズ低減

3種 

・最大

・風切り音防止

・側圧防止

イコライザー機能 アプリ対応(Headphones Connect) アプリ対応(ゼンハイザー Smart Control)
ファームウェアアップデート アプリ対応(Headphones Connect) アプリ対応(ゼンハイザー Smart Control)
製品保証 通常購入:1年

ソニーストア購入:3年

2年

 

2.使用感・性能比較まとめ

 

比較ポイント一覧は以下の通りです。

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
装着感
密閉感
重さ
内容物・付属品
サイズ・コンパクトさ
音質
ノイズキャンセリング性能
音ズレ、遅延
バッテリー持ち
アプリ機能
保証期間

 

それぞれ一長一短があるので、それぞれの項目で比較していきます。

 

(1)装着感・密閉間

SONYWH100MX4

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
装着感
密閉感

 

さすがハイエンドヘッドフォンというところで、両者ともに着け心地はとても良いです。

重量には差があるものの、

  • イヤーバッド
  • ヘッドバンド

には十分なクッション材が使われているので、擦れたり、痛くなったりすることはありません。

 

SONYWH100MX4

momentum3ワイヤレスヘッドフォン

両方とも耳がしっかり密閉されており、

  • 環境音ノイズ低減
  • 音漏れ防止

に十分機能しています。

 

密閉感は『MOMENTUM3』の方が強く、しっかり音を閉じ込めてくれるイメージ。

『WH-1000XM4』はマット地、『MOMENTUM3 』はやや艶のある合皮が使われているのが特徴です。

 

(2)重さ

SONYWH100MX4

MOMENTUM3

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
重さ

251g(実機測定)

311g(実機測定)

 

重さは『WH-1000XM4』が約60gほど軽いです。

 

そのため長時間使用や持ち運びをするのであれば、軽量な『WH-1000XM4』がおすすめ。

『MOMENTUM3 』もそれほどの重量ではないが、『WH-1000XM4』を使用した後だと多少重く感じます。

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

ケースも『WH-1000XM4』の方が『MOMENTUM3』より10グラム軽いので、やはり持ち運びは『WH-1000XM4』の方が有利。

ただし、『WH-1000XM4』のケースはハードケースなので、バッグのほかの中身とこすれてキズが付きやすいのが難点。

 

(3)内容物・付属品

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
内容物・付属品

 

次に入っている付属品の比較。

それぞれ入っているモノには大きな違いはなく、必要十分。

 

『WH-1000XM4』の内容物・付属品

SONYWH100MX4

内容物・付属品

  • ヘッドフォン本体
  • キャリングケース
  • USB-C↔USB-Aケーブル
  • ヘッドホンケーブル
  • 航空機用プラグアダプター

使用機会は少ないが、意外と航空機プラグアダプターがありがたい。

ANA・JAL意外だとまだBluetoothを機内で使えないことも多く、機内放送を楽しみたい場合は必須のアイテムです。

 

②『MOMENTUM3』の内容物・付属品

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

内容物・付属品

  • ヘッドフォン本体
  • キャリングケース
  • USB-Cケーブル
  • USB-C↔USB-A変換アダプター
  • ヘッドホンケーブル

『MOMENTUM3』も内容物・付属品に大きな違いはありません。

ロゴ入りの「USB-C↔USB-A変換アダプター」が、他製品では見たことが無かったので新鮮。

 

(4)サイズ・コンパクトさ

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
サイズ・コンパクトさ

 

サイズ・コンパクトさについては

①使用時

②折りたたみ時

③ケース収納時

を見ていきます。

 

①使用時

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

 

使用時はそれほど大きさは変わりません。

イヤー部の厚みはイヤーパッド分『MOMENTUM3 』が厚いですが、見た目以外に差はありません。

ヘッドバンドを最大まで伸ばしても大きさは変わりません。

SONYWH100MX4

 

momentum3ワイヤレスヘッドフォン

ただ、ヘッドバンドの長さの調整方法が異なります。

 

ヘッドバンドの調整方法

  • WH-1000XM4』  : カチカチと一段階ずつ調整
  • MOMENTUM3』 : 無段階調整

『WH-1000XM4』は昔ながらの一段階ずつカチカチと調整していくもの。

一方、『MOMENTUM3』は無段階調整なので、自分の耳にぴったり合う部分で止められます。

 

これは完全に好みなので、ぜひ家電量販店などで試してみて下さい。

(私は『MOMENTUM3』の無段階調整が好みです。)

 

②折りたたみ時

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

折りたたんだときは、

厚さ

『MOMENTUM3』 > 『WH-1000XM4』

ヨコ幅

『WH-1000XM4』 > 『MOMENTUM3』

となります。

『WH-1000XM4』はイヤー部が回転するため、かなり薄く収納できます。

 

③ケース収納時

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

 

WH-1000XM4』はイヤー部が回転するので、非常に薄く収納できます。

 

また、ケースも薄くつくられているため、収納や持ち運びがしやすいのもいいところ。

逆に考えると、「薄横長」フォルムなので、専用ケース以外では持ち運びにくいのがネック。

 

『MOMENTUM3』は本体同様ケースも大きく分厚いので、持ち運びは難点。

ただ、本体は折りたたむとほぼ丸になるので、手持ちの巾着等に入れれば意外とコンパクトに持ち運べます。

 

④ケースのタイプ

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

SONYWH100MX4MOMENTUM3比較

 

ケースタイプ

『WH-1000XM4』 :ハードタイプ

『MOMENTUM3』:ソフトタイプ

となっています。

 

(5)音質

amazonaudibleオーディブル

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
音質

※音質は好みによると思いますので、私の個人的な感想としてお考え下さい。

 

それぞれのヘッドフォンの音質の特徴は以下の通り。

音質の特徴

  • WH-1000XM4』  :原曲再現率が高いモニター機タイプ
  • MOMENTUM3』 :高音から低音まで美しく聞かせるリスニング機タイプ

 

SONYWH100MX4

WH-1000XM4』のサウンドは原曲を忠実に再現しており、非常に優等生的。

SONYのヘッドフォンはアプリによる調整がメインなので、あえて特徴が出すぎないサウンドを選んでいるのかもしれません。

クリアな音質はそれだけでも十分楽しめますが、アプリのイコライザーで自分好みに仕上げられるのもいいところ。

 

momentum3ワイヤレスヘッドフォン

MOMENTUM3』は、高音から低音まで美しく仕上げられ、製作者の意思を感じるサウンド。

ここはSONYとは真逆の、自分たちの音を突き詰めていくゼンハイザーの設計思想が色濃く反映されています。

 

ゼンハイザー音質と言われる中音~高音をクリアに響かせるタイプの音質が特徴。

SONYほどイコライザー調整はできませんが、この音質が気に入ればほぼ調整は必要ありません。

ゼンハイザーは「ゼンハイザーの音を楽しむ」のが一番です。

 

イコライザーで自分好みに調整するか、このヘッドフォンでしか出ない音を楽しむか。

どちらを選ぶかが本当に楽しく、悩ましいところでもあります。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,755 (2021/12/07 03:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

(6)ノイズキャンセリング性能

amazonaudibleオーディブル

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
ノイズキャンセリング性能

2種 

・通常モード

・風ノイズ低減

3種 

・最大

・風切り音防止

・側圧防止

ノイズキャンセリング性能は『WH-1000XM4』が頭一つ抜けています。

 

SONYのノイズキャンセリング、ONにした瞬間周囲の音がスッと消えてなくなります。

カフェやバス、飛行機の中など騒がしい環境の中でも快適に使える性能です。

 

ただ、性能が高い分ノイズキャンセリング特有の「キーン」とくる音もかなり強め。

ノイズキャンセリングの強弱もつけられないので、必ず自分の耳に合うか実機で確かめて見てください。

ノイズキャンセリング時の「キーン音」は確認せずに買うと必ず後悔します。

 

『MOMENTUM3』のノイズキャンセリングは、『WH-1000XM4』に比べるとマイルド。

最大にしてもSONY製品ほど音をかき消すことはできませんが、その分「キーン」音はかなり抑えられています。

 

一番弱い「側圧防止」は、程よく環境音を消し、さらに「キーン」音もほとんど出さないため、ノイズキャンセリングが苦手な方でも十分使用できると思います。

ここも購入前に確認しておきたいポイントです。

 

(7)音ズレ・遅延

 

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
音ズレ、遅延
コーデック SBC, AAC, LDAC SBC、AAC、aptX、 aptX-LL

 

ワイヤレスヘッドフォンで気になるのが、映像と声がずれる「音ズレ」。

これはヘッドフォンとデバイスの音声圧縮方式(コーデック)によって変わってきます。

 

コーデックごとの接続遅延一覧

 

コーデック名 音質 遅延(音ズレ) オススメコンテンツ
SBC 音質は今一つ やや感じる -
AAC CD音源に近い音 あまり感じない 音楽・動画
aptX CD音源に近い音 あまり感じない 音楽・動画
aptX-LL CD音源に近い音 全く感じない 音楽

動画

ゲーム

LDAC ハイレゾ対応 やかなり感じる 高音質な音楽

このように数多くのコーデックがある中で、「音ズレ」が最も少ないのは「aptX-LL」。

これは『WH-1000XM4』では使用できず、『MOMENTUM3』でのみ使用できるコーデック。

 

実際使用してみると、『WH-1000XM4』の中でも遅延が少なめなAACコーデックでもやや音ズレは感じます。

邦画やゲーム、特に音楽ゲームなどでは常用するには難しいレベルです。

 

momentum3ワイヤレスヘッドフォン

一方『MOMENTUM3』は「aptX-LL」接続できるデバイスと一緒に使用すると、ほとんど遅延を感じません。

私はテレビで、同じくゼンハイザーのBluetoothトランスミッター「BT T100」を使用していますが、邦画やゲームでも遅延を感じません。

 

ゲームや映画、動画などで「音ズレ」が気になる方は、「aptX-LL」対応の『MOMENTUM3』の方がおススメです。

 

ゼンハイザーBluetoothトランスミッター
低遅延でテレビを楽しむ!高品質Bluetoothトランスミッター、ゼンハイザー『BT T100』をレビュー

続きを見る

テレビ
テレビをBluetooth化!ワイヤレス環境でテレビを楽しむために必要なモノと仕組み

続きを見る

 

(8)バッテリー持ち

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
バッテリー持ち

30時間

17時間

バッテリーは『WH-1000XM4』の方が長持ち。

(※これはあくまでカタログ値なので、使用環境、音量、気温などでかなり変わってきます。)

 

実際に使っていると、13時間もバッテリーのもちが違う感じはしません。

使用環境によってかなり影響を受けるのかなというイメージですね。

 

(9)アプリ機能

 

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
アプリ機能

・イコライザー機能

・ノイズキャンセリング強度変更

・物理ボタン設定変更

・スピークトゥチャット設定

(外音取り込み設定)

・気圧、動作中の聞こえ方設定

・イコライザー機能

・ノイズキャンセリング強度変更

・トランスペアレントヒアリング設定

(外音取り込み設定)

アプリについては『WH-1000XM4』の方が多機能。

 

ただ、私自身そこまでマメではないので、この半年あまりアプリでヘッドフォンを操作した記憶が無ありません。

使用したのは初期設定の時のみで、たまにイコライザーをいじる程度。

そのため、あまりアプリの性能はヘッドフォンの価値には影響はありません。

 

(10)保証期間

momentum3ワイヤレスヘッドフォン

WH-1000XM4 MOMENTUM3 
保証期間

通常購入:1年

ソニーストア購入:3年

2年

保証は『MOMENTUM3』が購入場所問わず2年保証が付き、大変使いやすい。

 

ゼンハイザー製品はすべてこの2年保証が適用され、私がゼンハイザー製品を安心して使用できる大事なポイントでもあります。

また、Amazon、楽天などのネットショッピング経由の購入でも2年保証が適用されるため、非常に使い勝手が良いです。

(以前、ワイヤレスイヤホンが保証期間内で故障し新品交換していただいてから、大変イメージが良いです。)

 

ソニーは「ソニーストアでの購入で3年保証」となりますが、ソニーストアでの購入は低下に近く割高。

ネットショッピング経由だと1年保証となり、高額製品にしては頼りない保証期間です。

 

保証期間では、ゼンハイザー製品群の『MOMENTUM3』に軍配が上がります。

 

まとめ

今回は2つのワイヤレスヘッドフォン、ソニー『WH-1000XM4』とゼンハイザー『MOMENTUM3』を比較してきました。

どちらも素晴らしい製品で、甲乙つけがたいというのが正直なところです。

ポイントは、ノイズキャンセリングのならソニー『WH-1000XM4』、音質ならゼンハイザー『MOMENTUM3』というところだと感じています。

 

ワイヤレスヘッドフォンは音楽、動画視聴だけでなく、自宅内外のテレワーク・リモートワークにも大活躍します。

ぜひ、本内容を参考にしていただいた上で一度家電量販店で実機に触れてみてください。

きっとみなさんにぴったりな一台が見つかるはずです。

 

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,755 (2021/12/07 03:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク