Work

賃貸でもO.K.!フローリングの防傷にサンゲツの業務用タイルカーペットを敷いてみた。

サンゲツタイルカーペットNT702

今回はサンゲツの業務用タイルカーペット『NT-702』を、自宅ワークスペース用に敷いてみた。

 

 

課題:デスクチェアのキャスターでフローリングに傷がつきそう

サンゲツタイルカーペットNT702

テレワーク用のPCデスクにデスクチェアを置いていたが、キャスターがゴロゴロ言ってうるさかったり、重みでフローリングが傷ついてしまうのではないかと不安になっていた。

床にひくカーペットを探したが、サイズやカラー、価格などが折り合うものがなかったため、今回はタイルカーペットを床にDIYしたのでレビューしてみたいと思う。

 

結論:ワークスペース用には業務用タイルカーペットがおすすめ

サンゲツタイルカーペットNT702

業務用タイルカーペットは、家庭用タイルカーペットに比べ耐久性、コスパに優れている。

 

デスクチェアのキャスターが強く押し付けられたりしても、跡が残らず、ある程度テープなどで固定すれば本体がずっしり重いので、カーペットがずれることはない。

更に家庭用タイルカーペットよりも価格が安く抑えられコスパが良い。

ワークスペース用には業務用タイルカーペットがもってこいだ。

 

解決した悩み

  • デスクチェアのキャスターでフローリングが傷つく
  • キャスターの音が下の階に響く
  • カーペットがずれて煩わしい

 

こんな方におすすめ

  • ズレないカーペットが欲しい
  • 賃貸でタイルカーペットを張りたい
  • テレワーク用のワークスペースをつくろうとしている
  • 耐久性に優れたタイルカーペットを探している
  • 欲しいサイズのカーペットが無かった

自宅のワークスペース紹介の記事はこちら。

1.5畳で理想のワークスペース!快適なテレワーク環境に作りに必要なものを紹介

続きを見る

 

サンゲツ『NT-702』について

 

サンゲツから発売されているタイルカーペット『NT-702』は、ナイロン地でできている業務用のタイルカーペット。

業務用品のため、耐久性に優れデスクチェアのキャスター対策として十分な強度がある。

 

仕様

 

商品仕様
組成 原着ナイロン
サイズ 50×50cm
厚さ 6.5mm
パイルの長さ 3.5mm
パイル形状 ループ
パイル密度 1/10G×8.8ST
用途 重歩行
置き方 市松

 

『NT-702』の良いところ

 

①高い耐久性

サンゲツタイルカーペットNT702

タイルカーペットの製品耐久度は、使用する環境によって3段階に分かれている。

 

耐久度
軽歩行 【家庭用】

・ふんわり、肌触りが良い

・耐久性は低い

中歩行 【ホテル客室やオフィス用】

・靴で歩く

・ある程度耐久性あり

重歩行 【図書館、ショッピングモール用】

・たくさんの人が靴で歩く

・かなり耐久性あり

今回紹介する『NT-702』は「重歩行」に分類され、かなりの耐久性がある。

実際触ってみるとさらさらしているが、手や指で押し込んでもパイル毛並みが変わらずしっかりとした作り。

 

サンゲツタイルカーペットNT702

デスクチェアのキャスター下にあったパイルは、少し毛並みが曲がるが、1分ほどで元に戻る。

数か月使用しているが、キャスターの跡は全く残らない。

 

②ズレない

サンゲツタイルカーペットNT702

以前デスクで使用していたマットは、デスクチェアを動かすと少しずつずれた。

「チェア+私の体重」がかかるので仕方ないのだが、毎日位置を直すのが手間。

更に掃除機をかけるとめくれあがってしまい、更に手間を増やす結果に。

 

タイルカーペットはそれ自身も重く、また、床と軽く固定しているためまず動かない。

  • デスクチェアを動かす
  • 掃除機をかける
  • 子どもが飛び跳ねる

少し無理をしても動かない安心感があるのは、タイルカーペットならではだ。

 

③好きなスペースに配置できる

サンゲツタイルカーペットNT702

『NT-702』は1枚が50×50cmサイズであるため、必要な枚数を購入して自分好みの範囲に敷き詰めることができる。

私の場合はデスクサイズが70×120cmの標準サイズのため、タイルカーペットを3×3枚(150×150cm)の範囲で敷くことにした。

 

この約1.5畳が我が家のワークスペースであり、私のささやかな書斎スペースでもある。

 

④コスパが高い

サンゲツタイルカーペットNT702

業務用カーペットは家庭用カーペットに比べ品質に差がないにもかかわらず価格が安いモノが多い。

コスパが高いのだ。

 

家庭用と業務用の違い

家庭用 業務用
価格帯 500~1000円 250~1200円
デザイン性 カラフル シンプル
質感 肌触りが良い 少し硬い
重さ 軽い 重い
耐久性 低い 高い
ズレやすさ ズレやすい ズレにくい
施工方法 簡易:床に並べるだけ 強固:テープやボンドで止める
裏地 吸着素材 ポリ塩化ビニル

上の表を見てわかるように、家庭用は最低価格が高い(安いものがない)。

デザイン性が高く、多機能なためどうしても価格が高くなる。

  • 子どもや赤ちゃんが寝っ転がれるような質感
  • 女性やお年寄りでも簡単に設置ができる軽さ

これらが家庭用カーペットの最低価格を押し上げる。

 

一方、業務用カーペットはどうか。

業務用カーペットの特徴は、

  • シンプル
  • 高い耐久性
  • ズレにくい

という点だろう。

デザイン性ではなく、機能性が業務用カーペットの利点だ。

今回はワークスペースの床用にタイルカーペットを張るため、家庭用より業務用の方が用途に合っている。

また、たくさんの枚数を使用することから、価格が抑えられるのはありがたい。

 

実際に設置してみた

3Mマスキングテープ

今回は3×3枚(150×150cm)の範囲にカーペットを敷いてみた。

 

タイルカーペットは賃貸でも大丈夫?

結論から申し上げると、賃貸でもタイルカーペットを敷くことが可能だ。

 

タイルカーペットを敷いた後ズレないようにするには、下地の施工が大切。

ちょっと手を加えることで、

  • ズレない
  • はがしやすい
  • フローリングにあとが残らない

 

このように、賃貸物件でもタイルカーペットを敷くことができる。

 

必要なモノ

今回の施工で必要なものは3点

商品名 価格
サンゲツ 『NT-702』 4,027円(合計9枚、447円/1枚)
3M スコッチ カーペットテープ 2-3畳用 40mm×10m 700円
3M スコッチ 高耐熱塗装マスキングテープ 243 50mm x 18m 398円
合計 5,125円

 

①3M スコッチ マスキングテープ

3Mマスキングテープ

このマスキングテープはフローリングに直接貼り付ける。

後述するカーペットテープは「はがせるタイプ」だが、それなりに粘着力がありフローリングにくっついてしまうと困るので、緩衝材としてこのマスキングテープを使用。

 

5cm幅のマスキングテープは3M製品以外はあまりないので、DIYの際はよくお世話になっている。

 

②3M スコッチ カーペットテープ(両面テープ)

3Mカーペットテープ

これはカーペットの裏地に張り付け、床と接着させるための両面テープ。

粘着力が強いにもかかわらず、「はがせるタイプ」という優れモノ。

カーペット全面に貼るわけではないので、10メートルあれば十分。

 

カーペット貼り付け手順

 

①カーペットの裏、四つ角にカーペットテープを張る

サンゲツタイルカーペットNT702

 

サンゲツタイルカーペットNT702

カーペットテープを長さ4cmくらいに切り、カーペットの裏側に貼り付けていく。

 

②マスキングテープを床に貼る

サンゲツタイルカーペットNT702

 

サンゲツタイルカーペットNT702

マスキングテープは上の図のように張った。

 

ヨコ:1列、150cm

タテ両端:1列、150cm

タテ内側:2列、150cm

 

これで、カーペット裏に貼ったカーペットテープがはがれなくなる。

 

③市松貼りで張っていく

サンゲツタイルカーペットNT702

サンゲツのHPにも記載されているが、『NT-702』おすすめの貼り方は市松貼り。

カーペットの向きを「→↑→↑」と90℃回しながら貼っていくことで、上下左右に線状の模様が石畳のように浮き出てくる。

 

サンゲツタイルカーペットNT702

カーペットの裏に矢印が書いてあるので、矢印の向きを確認しながら貼り付けていく。

カーペットテープは一度つけても剥がせるので、気楽に貼れるのがいい。

 

注意:角や端はしっかりと壁にくっつけよう

サンゲツタイルカーペットNT702

タイルカーペットを貼り付けるときは、角、端は「ぴったり」壁にくっつけよう。

これをしないと、上下左右のタイルがずれてしまい見た目が悪くなる。

 

④完成

自宅ワークスペース、テレワーク

タイルカーペット開封から貼り付け完了までだいたい1時間ちょっと。

多少接続部分が見えるが、それほど気になるものでもなく大変満足いく仕上がり。

 

まとめ

これまで、デスクカーペットはすぐめくれたり、柔らかすぎてキャスターを巻き込んだりと様々な不満があったが、タイルカーペットに変更してからはそのような悩みはなくなった。

シンプルなデザインはワークスペースにもマッチするし、耐久性の面からも申し分ない。

 

専用のデスクようマットがAmazonで8,000円ほどで売られているのに対し、タイルカーペットは5,000円程度の費用と作業1時間。

これで自分の欲しいサイズ、カラー、希望の性能のカーペットが手に入るのだから本当にコスパが良い。

 

賃貸にお住まいの方も、ぜひタイルカーペットを使ったクッションフロア、ワークスペース作りをしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク