Life

これ一台でむくみ解消!フジ医療器フットマッサージャー『モミーナエアー』をレビュー

フジ医療器モミーナエアーKC-210

今回はフジ医療器より発売のフットマッサージャー『モミーナエアー KC-210』のレビューをしていきたいと思う。

 

 

なぜ、フットマッサージ機を買ったのか

 

仕事柄脚がむくむ

私はホテル仕事柄立ち仕事が多く、年齢が上がるにつれ足の疲れやむくみがひどくなっていた。

特に夜勤明けなどはふくらはぎがパンパンにむくみ、寝るにもつらい状態。

とにかくこの不快な状態を解決したいと思っていた。

 

まず整体、でも店舗通いと価格がネック

まずは整体に通ってむくみ解消を狙った。

実際、整体院での施術はとても気持ちよく快適だったのだが、通い続けるうちに少しずつ思うところも出てきた。

 

整体に通って感じたこと

  • 1回3,000~4,000円の出費 → 高い
  • 店舗に行くのが手間
  • セールストークが嫌

通院回数を重ねるとそれなりの値段がかかるし、毎回予約して通うのが手間。

また、通っているとそのうち「こっちのプランもおすすめですよ」というようなセールストークが始まる。

(脚の疲れをとってほしい私にデコルテのマッサージをすすめて何か意味があるのだろうか。)

 

そんなことがあり、ちょっと整体通いが億劫になっていた。

 

フットマッサージ機はコスパ良し

フジ医療器モミーナエアーKC-210

整体から足が遠のいたころ、ふとフットマッサージ機が気になった。

もともとマッサージ機といえば「大きく」「高い」「そのうち使わなくなる」という3拍子がそろったものと思っていたが、今回のむくみや疲れは慢性症状。

「自宅で繰り返し使える」がコンセプトのフットマッサージ機に、購入メリットがあるのではと考えた。

 

マッサージ機が整体より優れる点

  • コスパが良い → 高くても3~4万円で使い放題
  • 家で好きな時間に使える
  • セールストークなし

多少値段が張っても自宅で使い放題というメリットが大きいため、さっそく家電量販店に探しに行くことに。

いろいろな機種を試した結果、今回紹介するモミーナエアー』にたどり着いた。

 

結論:モミーナエアーはむくみ解消に効果抜群のフットマッサージ機

フジ医療器モミーナエアーKC-210

『モミーナエア―』はこれまで試したどのフットマッサージ機よりも、もっとも私の脚のむくみを解消してくれた。

足裏への力強く品のあるもみ玉の刺激

ひざ下全体をまんべんなくもみほぐす空気圧による圧迫

が、むくみの原因である足先にたまった水分をしっかりと押し流してくれる。

少なくとも私はこのマッサージ機に出会ったことで、足のむくみに悩まない生活を送れるようになった。

 

特徴と仕様

フジ医療器モミーナエアーKC-210

『モミーナエアー』はマッサージ機製造のパイオニアである、フジ医療器が製造・販売している。

フジ医療器は健康に関わるヘルスケア製品を幅広く製造しているが、その中でもマッサージチェアやフットマッサージ機の評価が高い。

家電量販店で試用できるマッサージ機器には必ずフジ医療器の製品があり、気軽に試すことができる。

『モミーナエアー』そのような国内ヘルスケア専門企業のフットマッサージ機であり、製品の信頼性はとても高い。

 

仕様

製品仕様
本体サイズ 幅420×奥行440×高さ460(mm)
重さ 7.0kg
電源 AC100V
消費電力 50W(ヒーター:15W)
電気代の目安(30分) ヒーターとマッサージ : 約21円

マッサージのみ : 約15円

対応サイズ 足のサイズ 30cm以下
ふくらはぎ周 41cm以下

重さは7kgと多少あるが、頻繁に持ち歩くものではないので問題のない程度。

電気代も1回10~20円程度なので、たくさん使用してもお財布にやさしいのはいいところだと思う。

 

フットマッサージ機の種類と比較

フジ医療器モミーナエアーKC-210

フットマッサージ機には「ローラータイプ」「空気圧タイプ」「多機能タイプ」の3種類がある。

これまでの使用経験をもとにそれぞれの特徴、メリット、デメリットをまとめてみた。

ローラータイプ 空気圧タイプ 多機能タイプ
価格 低~中 低~高 中~高
設置方法 据置き 装着 据置き
マッサージ方法 ・ローラー ・空気圧 ・ローラー

・空気圧

マッサージ部位 ・足裏 ・ふくらはぎ

・足の甲

・太もも

・足裏

・つま先

・足の甲

・足首

・ふくらはぎ

メリット ・強めに刺激できる ・マッサージ範囲が広い

・むくみに効く

・コンパクト

・軽い

・足先からふくらはぎまで本格マッサージ

・足つぼともみほぐしが同時にできる

・マッサージ範囲が広い

・むくみに効く

・強めに刺激できる

デメリット ・サイズが多きめ

・重い

・刺激が弱い

・装着が面倒

・サイズが多きめ

・重い

空気圧タイプ

 

パナソニック「レッグリフレ」に代表される、身体にエアーバッグを巻き付けて空気で圧迫する流行りのマッサージ機だ。

 

足先から太ももまで広範囲を空気で圧迫でき、むくみへの効果が大きい。

軽く、コンパクトにできるため置き場所に困らないのもいいところだ。

 

ただ、空気圧のみの圧迫なためもみ玉によるしっかりとした刺激がないのが残念なところ。

 

デメリット:いちいち巻き付けるのが手間

「装着タイプ」のマッサージ機は、使用の度に身体に巻き付けるのが手間だ。

一時期装着型マッサージ器を使用していたのだが、「取り出す→身体に巻き付ける→外す→綺麗にたたんで片付け」が面倒になり、我が家では使用しなくなってしまった。

既に売却済みである。

 

ローラータイプ

最近あまり見なくなったが、一昔前はフットマッサージャーといえばこのタイプだった。

(ホテルや旅館の部屋に設置されているのはこのタイプが多い)

 

高速回転するもみ玉ローラーが足裏やかかとを重点的にほぐしてくれる。

もみ玉がたくさんついているため、足裏への刺激は抜群だ。

 

ただ、空気圧による圧迫機能が無いため、足裏以外の場所を刺激することができない。

ふくらはぎへの刺激ができないため、むくみをとる効果はほぼない。

むくみに悩んでいる方の選択肢には入らないだろう。

 

多機能タイプ

フジ医療器モミーナエアーKC-210

今回紹介している『モミーナエアー』はこの多機能タイプだ。

 

足裏のもみほぐしと、足先~ふくらはぎへの空気圧による圧迫を同時にできるのはこのタイプのみ。

足の疲れやむくみをトータルケアしたい場合には、この多機能タイプを選ぶと幸せになれる。

 

また、マッサージ機メーカーの「脚専用のフラッグシップ機」である場合が多いためモーターも強く、もみ心地は抜群

 

ただ、他の機種に比べるとサイズが大きくなりがち。

価格は3~4万円程度で、空気圧タイプの高級品と同程度。

 

『モミーナエアー』のいいところ

ここからは『モミーナエアー』を使用してみてよかった点を紹介していく。

 

足裏ローラーが気持ちいい

フジ医療器モミーナエアーKC-210

モミーナエアー』は足裏マッサージ用のもみ玉がついている。

このもみ玉が思った以上に優れモノで、しっかりと力強く足裏を押し上げてくれる。

これは多機能型マッサージ機の特徴でもある。

 

多機能型マッサージ機は足を一周ぐるりとエアーバッグの空気圧で圧迫するため、自動的に足の甲が下へと押される。

これにより足裏がしっかりともみ玉に押し付けられ、効果的に刺激を与えられる。

空気圧を上げれば、更に強く足裏がもみ玉に押し付けられるため、もみの刺激を上げることができる。

 

指先からふくらはぎまでしっかり圧迫

フジ医療器モミーナエアーKC-210

モミーナエアー』は指先からふくらはぎまでをエアーバッグの空気圧でしっかりと圧迫し、むくみや血流を改善してくれる。

空気圧も5段階で調整ができるので、ご自身の体調や気分に合わせて調整が可能だ。

 

廉価品だと空気圧の調整ができないものもあるし、調整機能がついていても空気圧が弱く満足できない機種もある。

 

その点、モミーナエアーの空気圧による圧迫は非常に強力だ。

少なくとも私は、空気圧を一度も「5段階中の5」を使用したことがなく、強めの刺激が欲しいときでも「5段階中の4」で十分なほどだ。

全力を出し切らなくても十分な刺激を与えてくれる機器の性能の余裕が、この『モミーナエアー』の品質の高さを物語っている。

言うまでもなく、この十分な空気圧による圧迫が私のむくみを改善してくれた。

 

モミーナエアーの使い方

ここからは『モミーナエアー』の使い方を説明していく。

 

①電源プラグを差す

フジ医療器モミーナエアーKC-210

最近はバッテリー搭載型のマッサージ機もあるが、『モミーナエアー』は家庭用100V電源式。

家庭用電源に接続することで、モーターやエアーバッグを強力に動かし、快適なもみ心地を実現してくれる。

※バッテリー式は長時間駆動できず、また強力なモーターを動かすことができないため、個人的にはお勧めしない。

 

②電源ON

フジ医療器モミーナエアーKC-210

フジ医療器モミーナエアーKC-210

電源ボタンは向かって左側(足を入れた状態なら右側)にある。

脚をマッサージ機にセットした状態からだと電源が入れにくいので、足をセットする前に電源ボタンを「ON」にしておくのがオススメ。

 

③モード選択してマッサージ開始

フジ医療器モミーナエアーKC-210

電源をONにしたら、マッサージモードの選択。

ボタン名 動作 モード詳細
停止ボタン マッサージ機の動作を停止
自動 マッサージモードを選択 全体:「足全体」をもみ玉と空気圧でマッサージ

つかみ指圧:「足裏」をもみ玉で重点的にマッサージ

しぼりもみ:「つま先~ふくらはぎ」を空気圧で重点的にマッサージ

エアー強さ エアーバッグの空気圧の調整 5段階の空気圧調整ができる
足裏ローラー 足裏ローラーの動作設定 自動:適度に動いたり止まったりする

連続:ずっと動いている

ホット マッサージ機内を温める 脚が温まる(冬におすすめ)

 

上記のようにそれぞれのボタンでマッサージモードの変更が可能。

優しいもみ心地から強力な圧迫まで、自分の体調や好みに合わせて設定できるのがうれしい。

※動作時間は10分

 

『モミーナエアー』使用時のおすすめの態勢

 

①座りながら

フジ医療器モミーナエアーKC-210

座りながら使用すると、ローラーがしっかりと『足裏』を刺激する。

脚の重みで足裏がぴったりとマッサージ機に当たるため、ローラーの刺激を逃さない。

膝の上に腕を載せ、体重をかけるとより足裏刺激の効果が高まりGoodだ。

 

フジ医療器モミーナエアーKC-210

最近はテレワークが増え、通勤が減り、私も妻も脚がむくみがち。

テレワーク中にこの『モミーナエア』をデスクの下に潜り込ませれば、仕事中にむくみ取りもできて一石二鳥。

Web会議中でも足元は見えないので全く問題なしだ。

1.5畳で理想のワークスペース!快適なテレワーク環境に作りに必要なものを紹介

続きを見る

 

②寝ながら

 

『モミーナエアー』は手前に倒して寝ながら使用することもできる。

風呂上りや就寝前など、リラックスした姿勢で使いたいとき非常に便利。

 

注意:カバーは洗えない

『モミーナエアー』の脚挿入部分は洗うことができない。

(エアーバッグやもみ玉と接続されているため)

使用の際は、靴下を履いて汚れやニオイがが移らないよう心掛けたい。

 

まずは、家電量販店で試してみよう

フジ医療器モミーナエアーKC-210

マッサージ機全般にに言えることだが、まずは必ず家電量販店で試してみるのがおすすめだ。

身体のカタチは人それぞれ違うので、どれだけマッサージ機が高性能でも身体に合わなければ効果が低下してしまう。

 

私も、3~4回ほど近くの家電量販店に通い、様々なメーカーのマッサージ機を試した。

試用を繰り返すことで自分の身体に合った、一番気持ちよく満足できるマッサージ機に出会うことができた。

多少時間はかかるが、じっくり選んで『自分の一番』を選んでみてほしい。

 

まとめ

フジ医療器モミーナエアーKC-210

モミーナエアー』は、マッサージ器の老舗フジ医療器から販売されている製品だ。

製品性能が高いため、非常にやさしいもみ心地から強刺激まで、幅広くもみ心地を調整可能。

紹介してきた通り、そのしっかりとした刺激のおかげでむくみ解消に大変効果があり、私も大変助けられている。

 

3~4万円という価格は高いと感じるかもしれないが、自分の好きなタイミングで繰り返し何度も使えるメリットを考えれば、整体に行くよりコスパはかなり良い。

一家に一台あれば、仕事の後のむくみ解消の強い味方になってくれること間違いなしだ。

 

立ち仕事やテレワークで足のむくみに悩む皆様に、このフジ医療器製『モミーナエアー KC-210』を是非お勧めします。

スポンサーリンク