Life

【コスパ○】肌触りサラサラな『ユニクロ:エアリズムマスク』の評価と感想をレビュー

ユニクロエアリズムマスク

今回は、『ユニクロ:エアリズムマスク』を実際に使用した感想と評価をレビューしていきたいと思う。

前回の『DR.C医薬:ソフトガーゼマスク』の次に購入したのがこの『ユニクロ:エアリズムマスク』

 

発売直後はユニクロの店舗に大行列ができて全く手に入らなかったが、今はネットでも店舗でもようやく手に入るようになった。

このマスクも、購入・実際に使用してみた感想をレビューして、みなさんの布マスク選択の一助になればと思う。

 

このほかのマスクレビューはこちら

今治タオル布マスク
『コスパ○』着け心地抜群の『ハートウェル:今治タオルオーガニックマスク』をレビュー

続きを見る

DRCハイドロ銀チタンCOOLガーゼマスク
【コスパ△】『DR.C医薬:ソフトガーゼマスク』を実際に使用してみた評価と感想をレビュー

続きを見る

 

 

私のマスク使用環境

ユニクロエアリズムマスク

前回のレビュー同様、私自身の情報と、マスク使用環境この通り。

性別:男

眼鏡:あり

顔のサイズ:中~大

職業:サラリーマン

花粉症:あり(重度) キャリア17年、2~5月・9~11月に苦しむ

その他:ドライノーズ

花粉症とドライノーズも併発しているため、私は「マスクなしでは生きていけない人間」なのである。

そのため、私と似た境遇で苦しんでいる方がいらっしゃれば、以下のレビューほんの少しでも参考にしてくれると嬉しい。

 

マスクの評価ポイント

ユニクロエアリズムマスク

今回もこれまでと同様のマスクの評価基準と評価ポイントとする。

評価基準

  • それぞれの評価ポイントを「○」「△」「×」の3段階で評価する。

(機能の場合は、「有り→○」「無し→×」)

 

評価ポイント

  • コスパ
  • 価格※
  • 耳ゴム調整・交換機能
  • フィルター交換機能
  • ノーズワイヤー
  • 耳は痛くならないか
  • 息のしやすさ
  • 眼鏡のくもり耐性
  • 花粉症耐性
  • 会社・商談で使えるか
  • 夏に使えるか
  • 耐久性
  • 肌触り
  • におい

 

この14のポイントでマスクの使用感をレビューしていこうと思う。

※価格は私の購入時の価格。

 

評価ポイントまとめ

ユニクロエアリズムマスク

まずは『ユニクロ:エアリズムマスク』の商品特徴と評価項目を一覧はこちら。

マスクの特徴

  • 3層の高性能フィルター
  • 花粉など3㎛以上の外部からのチリやごみ、細菌などを99%カット

 

評価ポイント 評価
コスパ
価格 330円/1枚
耳ゴム調整・交換機能 ×
フィルター交換機能 ×
ノーズワイヤー ×
耳は痛くならないか
息はしやすいか
眼鏡のくもり耐性
花粉症耐性
会社・商談で使えるか
夏に使えるか
耐久性
肌触り
におい ×

 

結論:1枚330円の高コスパ!ただ、もう少しクオリティを上げてもいいかも。

ユニクロエアリズムマスク

さすがユニクロ製というだけあって、肌触りもよく着け心地もよい(購入したのはLサイズ)。

驚くべきはその値段で、300円/1枚というかなりの高コスパ商品だ。

前回の『DR.C医薬:ソフトガーゼマスク』は1,000円/1枚だったことを考えると、1枚で3枚買えてしまう価格は消費者として純粋にありがたい。

社会貢献の一環として販売されているのだと考えると、ユニクロ企業姿勢には学ぶべきところがたくさんある。

 

ただ一方で、縫い終わりが少しおおざっぱだったり、マスク布の表面が爪などちょっとした引っ掛かりに弱かったりなどの欠点もある。

もしこのコロナ禍が落ち着いてきたのであれば、もう一段階クオリティを上げた商品(価格が上がってもよいので)が欲しい。

 

 

評価ポイントの詳細レビュー

ここからは評価ポイントの詳細についてみていこうと思う。

 

耳は痛くならないか → △少し引っ張られる感じ

ユニクロエアリズムマスク

本マスクは「Lサイズ(ふつう)」を購入した。

耳ゴムはマスク布の外側部分と一体化しており、布とゴム双方が伸縮性があるため多少伸びる。

ゴムの付け替え機能が無いため完璧にフィットするわけではないが、許容範囲だ。

 

息はしやすいか → △普通よりちょっと良いくらい

「エアリズム」という名前を聞くとついついものすごく通気性が良いのかと思ってしまうが、通気性は普通よりちょっと上なくらい。

やはりコロナ対策でフィルター性能を高めた商品なので、多少通気性を犠牲にするのはやむを得ない。

 

眼鏡のくもり耐性 → △そこそこ曇る

マスクは顔をすっぽり包み込むタイプだが、ノーズワイヤーがないため鼻と頬に隙間ができ、そこから息が逃げてくる。

夏は問題ないが、冬など寒い時期はメガネが曇る可能性大。

 

花粉症耐性 → ○3枚入りなので交換しやすい

マスクが3層構造なためフィルター性能は良いが、ノーズワイヤーがないので花粉の侵入は気になる。

 

私はマスクに付着した花粉が再度鼻に侵入するのが嫌なので、午前、午後、就寝前と3枚のマスクを交換し使っている。

『ユニクロ:エアリズムマスク』は1袋3枚入りなので、マスクへの花粉付着が気になったら都度交換できるのがありがたい。

これもコスパの良い商品の強みだ。

 

会社・商談で使えるか → ○清潔な見た目で問題なし

清潔感のあるホワイト生地で、生地の特性上「しわ」もほとんど発生しない。

仕事や商談時にも実際使用しているが、全く問題にならない。

逆にロゴが見えて「ユニクロのやつですね」といわれるほど知名度があるので、話題作りにも使えるレベル。

 

夏に使えるか → △屋外での使用は難しい

そこまで息がしずらいわけでなく、汗の吸収もよいので夏でも使用可能だ。

ただ屋外で長時間の使用は、蒸れと高温が顔に厳しい。

 

耐久性 → △生地が薄く、引っかけるとほつれる

マスクガーゼ表面(紫外線カット)

ユニクロエアリズムマスク

 

マスクガーゼ裏面(エアリズム素材)

ユニクロエアリズムマスク

 

耐久性というと若干の不安が残る。

表面と裏側はそれぞれ違う素材が使用されており、紫外線カットとエアリズム素材による汗の吸収という別々の機能がある。

ただ、どちらも生地がとても薄く、爪や指のささくれなどで引っ掛けてしまうとほつれたりするので、長期間使うのには難点があるかもしれない。

 

 

ユニクロエアリズムマスク

また、縫い合わせ用の糸がきれいにカットされていない部分もあるので、購入後は糸切ハサミで少しカットする手間がかかる。

 

肌触り → ○エアリズム素材はサラサラ

口元に来るマスクの裏側は「エアリズム素材」でできているため、ものすごくサラサラとした触り心地。

多くの方に好意的に受け止められるのではないだろうか。

 

ニオイ → ×開封時石油製品のようなニオイ

このマスクの最大の欠点は開封時の「ニオイ」だ。

袋を開けてマスクを着用したところ、石油製品のようなかなりきついにおいがした。

少なくとも、しっかりと洗濯機で洗わなければ頭が痛くなるレベル。

2袋購入して、両方ともこのニオイだったので今後は何とか改善されてほしいと思う。

(もしかすると、保管されていた場所のニオイがひどくて、その匂いが付いてしまったということもあるのだろうか。)

 

まとめ

今回は『ユニクロ:エアリズムマスク』のレビューをご紹介した。

1袋990円で3枚入りという高コスパの布マスクで、「エアリズム」素材のおかげで肌触りや質感も十分満足いくものだ。

今後の為に数袋購入しておけば、今後また不織布マスクが不足した場合でも以前のようにマスクの選択や在庫確保に困ることはないだろう。

 

願わくばもう少しだけ縫製の質の向上と、生地の耐久性を上げてもらえればさらに使いやすくなる。

多少値段が上がってもよいので、より長くる買える商品になってくれることを期待したい。

いろいろな布マスクを使ってきたなかで、この『ユニクロ:エアリズムマスク』は個人的に結構おすすめの商品だと思います。

スポンサーリンク