Life

【DIY設計図あり】ウォールナット天板でおしゃれなPCデスクを自作する方法と必要なモノまとめ

ウォールナットPCデスク

今回は自宅で使用している、『ウォールナット天板を使用した自作PCデスク』のDIYに必要なものと作り方を紹介。

 

私自身DIYをやっていて一番困るのが、「必要なモノ」と「作り方」がわからないこと。

逆にそれさえわかれば、初めての方でも十分満足のいくなものが作れる。

(サイズ違いでダイニングテーブルを作成したが、意外とうまくいった。)

 

今回はPCデスクDIYに、

  • デスクDIYに必要なモノ
  • つくり方(設計図あり)

この二点を中心に説明していきたいと思う。

 

 

PCデスクをDIYした理由

 

デスクがテレワークに耐えられない

旧PCデスク

今回私がPCデスクをDIYで自作した主な理由は、「テレワークの開始」

 

もともと自宅にあったPCデスクのサイズは「90cm×60cm」。

テレワークで使用するPCやモニター、紙資料を広げるとあっという間にデスク満杯。

また、華奢なため少し体重をかけただけでも移動して、使い勝手が悪いときた。

 

そもそもが、ちょっとPCを触るときの為に買ったデスクなので、バリバリの業務には耐えられないことがここで判明。

新しいデスクを購入しようと探したのだが、サイズ、デザイン、耐久性、価格に折り合いがつかず、最終的にはデスクを自作することに決めた。

 

デスクをDIYした理由

  • テレワークが開始になり、自宅で仕事する機会が増えた
  • デスクが小さすぎて仕事ができなかった
  • ほしいデスクが見つからなかった

PCデスクを利用したワークスペースの紹介記事はこちら。

1.5畳で理想のワークスペース!快適なテレワーク環境に作りに必要なものを紹介

続きを見る

 

PCデスクのコンセプト決め

 

①現在のPCデスクの悩みを解決

現在のPCデスクの悩み

  • サイズが小さい
  • 華奢なつくり

これらの課題を解決することは必須。

 

②仕事のモチベーションの上がるデスク

せっかくDIYするのだから、座るのが楽しくなるようなおしゃれなデスクにしたい。

(テレワークやステイホームで出かけられないと、変化のない景色にげんなり。)

 

なので今回は、

「テレワークでモチベーションの上がる、ちょっとおしゃれなデスク」

を作ろうと思った。

 

③デスクは「ウォールナット天板」と「アイアン脚」で決定

ウォールナットPCデスク

 

アイアン脚

PCデスクの天板素材や脚素材はぎりぎりまで悩んだが、最終的に

天板 : ウォールナット集成材

脚  : アイアン(ロの字)

で決定した。

 

理由としては、以下の4点。

  • ウォールナット天板がおしゃれ
  • 脚に重量があり安定感があること
  • 天板と脚を繰り返しつけ外しできる
  • ほぼ同じ素材でダイニングテーブルを自作した経験がある

私は家具を購入することはほとんどなく、ダイニングテーブルやオープンボックス(簡単な棚)をウォールナット材でDIYしてきた。

※そもそも、我が家にはあまり家具が無いのだが。

今回も同様にウォールナット材とアイアンの脚を使用して「ミニマルですこし重厚感あるデスク」にしていこうと思う。

 

PCデスクDIYに必要なモノの調達方法

ウォールナットPCデスク

ここからは今回のDIYで使用した部材、道具・工具の一覧を紹介していく。

PCデスクDIYには様々なモノが必要になってくるが、今回はステイホームにのっとって、

必要なモノの調達方法

PCデスクDIYに必要なものはすべてネットで購入

とすることにした。

この方式なら、ステイホーム中や家の近くにホームセンターがない方でも、自宅にいながら同様のPCデスクを作ることができる。

 

購入サイトも記載しておくので、参考にしていただければ幸いだ。

 

必要な部材まとめ

ジョイントボルト

まずは今回のデスクの材料になる部材を紹介していく。

既にDIY用に各種工具をお持ちの方なら、これだけで作成できる。

部材名 サイズ 価格 購入サイト
ウォールナット天板 奥行700×幅1200×厚さ30mm 32,350円 マルトクショップ
アイアン脚 幅540×高680×太さ40mm 19,800円 popo furniture(楽天市場)
ジョイントボルト ムラコシ精工 15mm M6 1パック10個入り×2

382×2=764円

Amazon
鬼目ナット ムラコシ精工 鬼目ナットD 16mm M6 1パック5個入り×4

328×4=1,528円

Amazon
ワッシャー 内寸6.5mm×外寸16mm×厚さ1mm 1パック10個入り×2

356×2=712円

Amazon
合計 55,154円

(2020年12月時点)

 

ウォールナット天板

ウォールナットPCデスク

今回使用する天板は「ウォールナット集成材 縦700×横1200×厚さ30mm」のもの。

詳しい注文条件はこちら

ウォールナット材の特徴

  • 暗褐色の深い色合い
  • 流れるような美しい木目
  • さらさらとした肌触り
  • 優れた耐久性
  • 反りなどの変形が少ない

強く、美しく、長く使えるという理想的な木材で、3大銘木にも選ばれる世界で愛される木材だ。

特にPCデスクとして使用する場合は手で触れる機会も多いので、耐久性があり、肌触りが良いことがうれしい。

今回は「価格」と「経年による変形(反り)を少なくしたい」ことから集成材を選んだ。

(無垢材に比べ集成材の方が、リーズナブルで反りが少なく安心して使える。)

 

サイズについて

ウォールナットPCデスク

奥行70cmは「ディスプレイ+ノートPC+キーボード」をタテに一直線に並べても十分な広さ。

幅120cmは「ディスプレイ+ノートPC」を横に並べたり、「キーボード+紙資料」を置いても十分な広さだ。

このサイズは「子ども用の学習机」にもピッタリなので、後日同じものを制作してもいいかなと思っている。

 

天板の購入は「マルトクショップ」で

このウォールナット天板は、フリーカット木材の専門店「マルトクショップ」さんから購入した。

我が家ではDIY家具のほとんどの木材を「マルトクショップ」さんで購入。

大変お世話になっているショップさんだ。

 

無垢材でも集成材でも板のクオリティが高く、カット長さも指定通りぴったりなので、調整などの手間がない。

木材もかなりたくさんの種類から選べるので、DIY家具を自分好みに仕上げることが可能だ。

 

アイアン脚

アイアン脚

アイアン脚は「popo furniture」さんで販売されている「ロの字型アイアン脚を購入。

アイアン脚はいろいろな店舗で様々な種類が販売されているが、私はいつも「ロの字型脚」を購入している。

理由は以下の通り。

ロの字型アイアン脚のいいところ

  • 脚と天板が広い面積で密着・固定 → 反り止め効果が得られる
  • ある程度の重さと脚の太さ → 安定感が抜群
  • アジャスターつき → 脚のがたつきを防ぐ

popo furniture」さんのアイアン脚はこの3点を満たしているためおすすめ。

 

「反り止め効果」のある脚

アイアン脚

今回選んだ「popo furniture」さんの鉄脚は、「横10cm、奥行57cm」の範囲が天板に密着し、ボルトでしっかりと固定すると、木材が反らないように埋め込む「反り止め」と同様の効果が得られる。

木材に反り止めを行うと、別途多大な手間や費用が掛かる。

今回選んだ「popo furniture」さんの鉄脚は安価な鉄脚と比べると2~3倍ほどの価格帯だが、その分脚の太さや、溶接、本来追加でかかる「反り止め」施工の費用と手間を省くことができるのだ。

 

アジャスターでがたつき対策

アイアン脚アジャスター

 

アイアン脚アジャスター

アイアン脚はアジャスター付きを選んでおくとよい。

フローリングなど硬い床面に直接デスクを設置する場合では、フローリングの一部がゆがんで脚がガタつく場合がある。

アジャスター付のアイアン脚ならガタつきを回避できるのでオススメ。

 

天板と脚をつけ外しできるようにする部材

ネジ鬼目ナット

今回のDIYでは「天板と脚を繰り返し付け外しできる」仕組みとしたい。

大きめのデスクやテーブルは意外と引っ越しや模様替えの際、扉をくぐらないことが多いため。)

そのギミックのために必要なのがジョイントボルト」「鬼目ナット」「ワッシャーの3つ。

 

必要な道具・工具一覧と紹介

 

道具・工具 メーカー 用途
電動ドライバー ・マキタ

 ドライバドリル 10.8V

・鬼目ナットの下穴あけ

・ネジの締めこみ

木工用ドリルビット ・スターエム

 木工用 9mm

・鬼目ナット下穴あけ
木工用接着剤 ・セメダイン

 木工用速乾 500g

・鬼目ナット固定
六角レンチ ・SR PRO  ・鬼目ナット締め
ハンドサンダー ・SK11 HS-6 ・天板のやすりがけ
紙やすり 番手:180、240、320、400 ・天板のやすりがけ
カンナ ・イチネンミツトモ

 ホビーカンナ

・天板の面取り、角落とし
ワックス ・小川耕太郎∞百合子社

未晒し蜜ロウワックス 300ml Cタイプ

・天板オイルフィニッシュ用
白ネル(布の切れ端) ・日本紐釦貿易

白ネル 72cm×1m

・蜜ロウワックスを塗りのばす

 

電動ドライバー

マキタ電動ドリルドライバー

電動ドライバーはマキタ製ドリルドライバー「ドライバドリル 10.8ボルト」を使用している。

木工DIYでは、穴あけやねじ止めなど、多種多様な場所で電動ドライバーが必要となるため、絶対に必要な工具の1つだ。

 

マンションDIYには静音仕様の「ドリルドライバー」がおすすめ

電動ドライバーといえば「インパクトドライバー」の方が有名だが、私が「ドリルドライバー」を使用するのには理由はある。

我が家はマンション(集合住宅)なので、「音出しNG」なのだ。

電動ドライバーの特徴

①インパクトドライバー:回転とハンマーでネジを強力に押し込む

            →ガンガンとすごくうるさい

②ドリルドライバー  :回転の力だけでネジを押し込む

            → 静か

 

インパクトの方が強力にネジを押し込むが、動作音がものすごくうるさい。

DIY程度の木工ではそれほどの力は不要だし、騒音は周囲のご家庭の迷惑になってしまう。

マンションDIYは静音性が求められるため、「ドリルドライバー」の使用がおすすめだ。

 

10.8VモデルがDIYに最適

マキタ電動ドリルドライバー

電動ドライバーのねじ込みの強さは、本体バッテリーのモーターとボルト(V)数に依存する。

10.8V、14VのDIYモデルから18V、32Vなどプロユースモデル、よりコンパクトな7.2Vのペン型ドライバーもあり、種類が多すぎて選ぶのが難しい。

Q:DIYに最適なのはどのモデルなのか。

A:「10.8V」がおすすめ

私が使用しているのは「10.8V」のモデルのドリルドライバー

(自宅には他に7.2VのPanasonicのペンドライバー、会社のテラス修繕で「14V」「18V」のドリルドライバーを使用している。)

 

実際使用してみて思うのが、DIYの作業量に対して「10.8V」モデルで必要十分だということだ。

ウォールナットはかなり堅めの木材だが、これまで一度も穴あけ中にドリルが停止したことはない。

さらに、コンパクトで軽いため、取り回しが良く非常に使い勝手が良い。

 

これ以上のモデルであればサイズ大きくなり、狭所での作業がしづらく、バッテリーが重いため腕が疲れる(あと、価格が高い)。

逆に7.2Vのペン型ドライバーでは、木工ではパワー不足。穴は開かず、ネジも締めきれない。

私は、この「10.8V」が一番ちょうどいいサイズだと感じている。

 

木工用ドリルビット

ドリルビット

「鬼目ナット」の下穴をあけるために、この「スターエム 木工用ドリルビット 9mm」を使用している。

ドリルビットを選ぶ上で最も大切なのは、

先端にネジ状(リードネジ付き)になっているものを選ぶ

こと。

 

ドリルビット

ドリルビットの先端の形状は「三角錐」と「ネジ状(リードネジ付き)」になっているものがあるが、「ネジ状(リードネジ付き)」の方が圧倒的に掘りやすい。

購入する際は、多少高くても先端が「ネジ状(リードネジ付き)」のモノを選ぶようにしよう。

 

木工用接着剤

セメダイン速乾

使用したのは「セメダインの木工用接着剤 500g」。

今回は作業効率アップのため「速乾タイプ」を選択している。

コニシ(KONISHI)
¥514 (2021/10/20 14:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

六角レンチ

六角レンチRSPRO

六角レンチRSPRO

六角レンチは鬼目ナットを下穴にねじ込む際に使用する。

折り畳み集のできるモノの方が、一つ一つがバラバラなものより、管理がしやすく省スペース。

トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,309 (2021/10/20 14:32:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

ハンドサンダーと紙やすり

ハンドサンダー

今回のデスクのDIYは、蜜蝋ワックスを使用したオイルフィニッシュで仕上げるため、天板の手触り向上のためサンディングを行う。

紙やすりは「180番」「240番」「320番」「400番」の4種類を、数字の小さい番手から大きい番手へ順にかけていく。

 

紙やすりは手でかけるとムラができてしまうため、ハンドサンダーを使用。

今回紹介したSK11のハンドサンダーは平面の精度が良く、強めにやすり掛けをしてもガタつかない。

ワンタッチで紙やすりの付け替えができるので、作業の時間短縮もできる優れモノ。

SK11(エスケー11)
¥1,146 (2021/10/20 14:16:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

カンナ

ホビーカンナ

天板の角落としや面取りのためのカンナは、小型のホビーカンナを使用している。

コンパクトだが、十分面取りなどができるし、収納場所にも困らないのでとても助かっている。

ミツトモ製作所(MITSUTOMO)
¥698 (2021/10/20 14:32:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

未晒し蜜ロウワックス

未晒し蜜ロウワックス

天板の仕上げ方法には「オイル(ワックス)仕上げ」「ウレタン仕上げ」等様々な塗装、コーティング方法がある。

仕上げ方法 ウレタン オイル・ワックス
原料 ウレタンニス 植物性オイル、蜜蝋(ロウ)
木材着色 ステイン ステイン(蜜蝋の場合は不要)
質感 つるつる、人工的 自然な木の風合い
メンテナンス 不要 オイルの塗り直し
水耐性

 

今回は無垢のウォールナット材の質感や木目、手触りの良さ生かすため「オイル(ワックス)仕上げ」をしていこうと思う。

「オイル仕上げ」と「ウレタン仕上げ」の違いについては下記記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

【DIY】オイル仕上げとウレタン仕上げの違いは?ダイニングテーブルの仕上げ方法を解説。

続きを見る

 

使用するのは未晒し蜜ロウワックス Cタイプ

私はDIYのオイルフィニッシュではほぼ必ずこのワックスを使用している。

小川耕太郎∞百合子社
¥3,690 (2021/10/20 12:45:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

のびが良く、香りもさわやかで季節ごとの塗り直し(メンテナンス)も簡単。

しっとりした質感で、水はじきや艶もキレイ。

(他のオイルを使用すると、特有のにおいが残ってしばらくお部屋が臭くなるためNG)

容量はいくつかあるが、300ml入りを買っておけばO.K.。

また、このワックスにはいくつかタイプがあるが「Cタイプ」がDIYには最適で、シーズンに関係なくよくのびる。

 

Tシャツの切れ端や白ネルなどを使用すれば簡単に塗りのばしができるので、一緒に購入しておくとメンテナンスが簡単。

 

PCデスクDIYの手順

ここからはPCデスクDIYの手順を紹介していく。

 

PCデスク設計図

PCデスク設計図

PCデスク設計図

PCデスク設計図

パーツ自体はあまり多くはないが、やり直しがきかないので設計はとっても大切。

でアイアン脚の配置を検討した結果、足元スペースを広く取ったゆったり設計にすることにした。

 

天板の到着・開封

ウォールナット天板

西濃運輸からがっちり梱包されたウォールナット天板が届いた。

120cm×70cmサイズで重さ約15kgもあり、玄関からの持ち運びはそれなりに大変

軍手や厚手靴下を履いてけがのないように気を付けよう。

 

ウォールナット天板の注文条件

今回マルトクショップさんにお願いしたウォールナット天板の注文条件は以下の通り。

部材の種類 無垢・集成材「四角形」
樹種 集成材フリーカット / ウォールナット
使用方向 三方向仕様
サイズ 厚さ   :30mm

幅(奥行):700mm

長さ   :1200mm

面取り なし(自分で行なう)
コーナーR加工 なし
塗装 なし(自分で行なう)
オプション なし

※木の種類とサイズを間違えないように注意。

 

アイアン脚の設置場所を決める

ウォールナットPCデスク

天板の角から「タテ65mm、ヨコ30mmの場所」をアイアン脚の角にするため印をつけていく。

(「PCデスク設計図 背面」の赤い十字を付けているところ)

垂直を簡単に出すため、指金を使用したが距離が短いので通常の定規でも問題ないと思う。

 

鬼目ナット用の下穴開け

天板とアイアン脚は「鬼目ナット+ジョイントボルト」で接続する。

まずは鬼目ナットを埋め込むための下穴をあけていこう。

 

下穴の場所を決める

ウォールナット天板

先ほどマークを付けた場所にアイアン脚の角を合わせて設置。

設置ができたら、ボルト用の穴の中心に「キリ」など、先のとがったもので小さな穴をあけておく。

これが鬼目ナットの下穴の中心の場所となるため、片足8か所、両足合わせて16か所ポインティングする。

 

ウォールナット天板穴あけ

ウォールナット天板穴あけ

 

電動ドリルドライバーで下穴をあける

 

ドリルビット

「電動ドリルドライバー」と「9mmの木工用ドリルビット」で下穴をあけていく。

ドリルビットの事前準備ポイント

ドリルが板を貫通しないよう、ドリルビットにテープでマークをつけよう。

板厚が30mm、鬼目ナットの全長が16mmなので、余裕を見てドリルビットの先端から約20mmあたりのところにテープでマーキング。

これ以上ドリル挿入距離を長くすると、先端が板の裏から飛び出す可能性大。

しっかりと20mm測ってマーキングしよう。

 

マキタ電動ドリルドライバー

マーキングが終わったら電動ドリルドライバーにドリルビットをセット。

 

ドリルビット

先ほどポインティングした穴に、ドリルビットを突き立てる。

下穴開けのポイント

ドリルは垂直に突き立てよう

ドリルを垂直に突き立てないと、「下穴曲がる→鬼目ナット曲がる→ジョイントボルト曲がる→脚の固定力低下」と出来上がりに悪影響。

垂直に立ててテープの場所まで一気に掘りぬいてしまおう。

 

ドリルビット

ウォールナットPCデスク

無事、きれいな穴が開いた。

 

鬼目ナット埋め込み

先ほど下穴を開けたところに鬼目ナットを埋め込んでいく。

 

固定用の接着剤を流し込んでいく

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

鬼目ナット事態にも固定力があるが、ジョイントボルトの圧力で回ってしまったり、重量がかかりすぎて引き抜かれてしまわないよう、接着剤でさらに強く固定する。

多すぎると鬼目ナット挿入時にあふれてしまうので、程よく流し込む。

 

鬼目ナットの埋設

ウォールナットPCデスク

接着剤を流し込んだ穴に「鬼目ナット」をあてがう。

 

ウォールナットPCデスク

六角レンチでぐるぐる回して、しっかり埋め込もう。

 

ウォールナットPCデスク

このぐらいまで埋まればO.K.

接着剤が外にあふれてきたら、跡が残らないように濡れた布でよく拭こう。

鬼目ナットの中に接着剤が充満してしまったら、綿棒などで書き出してしまうとよい。

 

鬼目ナット埋設完了後の様子

全16か所の埋め込みはやや骨が折れるが、出来上がった姿は綺麗。

この時点で若干の達成感を感じてしまう。

(完璧に埋まりきっていないものがあるのは、穴が深く掘れていない証拠。でも天板貫通が怖いので許してください…)

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

これで天板とアイアン脚をつなげる準備は完了。

次は天板の背面に蜜蝋ワックスを塗り込んでいく

 

天板背面の蜜ロウワックスぬり

天板背面はアイアン脚をつけてしまうと接合部分にワックスがけができなくなってしまう。

またサンディング(やすり掛け)も不要なので、脚の接合前にワックス仕上げをしておこう。

 

白ネルとワックス

ウォールナットPCデスク

Tシャツの切れ端や「白ネル」などにしっかりと「未晒し蜜ロウワックス」を取り塗りのばしていく。

ワックス仕上げのポイント

  • 薄塗り
  • 二度塗り
  • しっかり乾燥(裏面1時間、表面4時間)

未晒し蜜ロウワックスに限らず、塗料を厚塗りしてしまうと表面が凸凹したり乾燥しずらい。

また、一回の塗装ではワックスの浸透量が少ないため色味が薄くなってしまう。

薄塗り→しっかり乾燥→薄塗り→しっかり乾燥→・・・ を繰り返すことで手触りの良い艶のある天板になる。

時間はかかるが、変化を楽しむのもDIYらしさ。

 

ウォールナットPCデスク

左がワックス仕上げ済み、右が未仕上げの状態。

ワックス仕上げ後は、ウォールナットらしさたっぷりの引き締まった暗褐色に。

 

ウォールナットPCデスク

全体をワックス仕上げし終わった後。

ワックス仕上げ前とは色の深さが違い、ぐっと高級感が出てきた。

 

蜜蝋ワックスは定期的な塗布が必要になってくる。

メンテナンス用蜜蝋ワックスの塗り方は下記記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【DIY】誰でもカンタン!テーブルの「蜜蝋ワックス仕上げ」に必要なモノと方法を紹介

続きを見る

 

アイアン脚の取り付け

天板裏のワックス仕上げが終了したらアイアン脚を取り付けていく。

ウォールナットPCデスク

裏返しにした天板の鬼目ナットに合わせてアイアン脚を設置。

 

ジョイントボルトとワッシャー

「ジョイントボルト」と「ワッシャー」を写真のように重ねて一つずつ締めていく。

 

ウォールナットPCデスクとアイアン脚

16か所あるので、電動ドライバーを使うと作業がはかどる。

家電の修理や分解清掃の時にもよく使うので、電動ドライバーは一家に一台あっていいと思う。

 

ウォールナットPCデスクとアイアン脚

両足とも接続し終わるとこのような感じに。

脚が付くと一気にテーブル感が増してきた。

この後はテーブルをひっくり返して、面取りとサンディングの削り系作業を残すのみ。

制作もここまでくると終わりが見えてくるので、がぜんやる気が出てくる。

 

天板の面取り(カンナ掛け)

ここからは天板の削り系作業に入っていく。

まずは天板の角の面取り(角を落としてけがしないように)していく。

 

ホビーカンナ

ホビーカンナ

面取りで使用するのは「ホビーカンナ」。

カンナ掛けの前に、上部についているネジを回して刃の長さを調整する。

カンナがけのポイント

  • 刃の繰り出しの長さは、可能な限り短くする(1mm以下推奨)。
  • 角に向かって45℃でカンナを当て、削り始めたら途中で止めずに一気に引き切る。

長く出しすぎると、刃が天板の角に深く食い込んでしまい削りすぎてしまう。

一度深く削ってしまうと元に戻せず、ほかの箇所も同様に深く削らなければならない。

刃の繰り出し長さは1mmかそれ以下、可能な限り短くしておき、必要に応じて少しずつ長くしていくと失敗しなくて済む。

 

ホビーカンナ

角に向かってカンナを45℃に傾け、途中で止めず一気に引き切ると均等に面取りができる。

数回繰り返して、触ってケガしない程度まで削れれば次の角の面取りをしていこう。

 

ウォールナットPCデスク

こんなに小さいカンナでも、写真のようにきれいに角が落ちる。

写真ではヨコの角の面取りが終わっているが、タテや裏面側の部分も削っておけばケガの防止や、服をひっかけてしまう危険を防げる。

 

サンディング(やすり掛け)

天板の肌触りを決めるのはサンディング(やすり掛け)だ。

今回のDIYの出来栄えを決める大事な工程なので、集中して取り掛かりたい。

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

サンディングには「ハンドサンダー」と「サンディングペーパー(紙やすり)」を使用する。

サンディングのポイント

  • 均一に体重をかける
  • 一方向に引く
  • サンディングペーパーの番手は低い方から高い方へ
  • マスクと換気を忘れずに

ハンドサンダーはサンドペーパーをしっかり固定し、木材に均一にやすり掛けできる便利な道具。

グリップを両手で握り、体重を均一にかけ、一方向に引けば天板を傷をつけることなくきれいにサンディングすることができる。

また、サンディングペーパーの番手は「180」→「240」→「320」→「400」の順で、」低い方(荒目)から高い方(細目)へと番手を上げていく。

先に荒目のサンディングぺーパーでで目に見える傷や凸凹を馴らし、徐々に細目に番手を上げて滑らかに仕上げる。

 

ウォールナットPCデスク

やすり掛けをするとかなり細かい木の粉、粉塵が出るため窓を開けるなど適度な換気とマスクをつけよう。

やすり掛けくらいならそれほど大きな音が出ないので、マンションDIYでも問題ない。

 

ウォールナットPCデスク

サンディング終了後の様子。

見た目はあまり変化がないが、触り心地は見違えるほどつるつるになった。

木の粉をしっかりふき取って、裏面同様に蜜ロウワックスを薄塗りし、乾燥させれば完成。

 

最後に天板表面をワックス仕上げ

サンディングが終わったら、最終工程のワックス仕上げ。

裏面同様、「未晒し蜜ロウワックス」をTシャツの切れ端や「白ネル」などにとって薄くのばし塗りこんでいく。

ウォールナットPCデスク

 

今回は仕上がり重視で仕上げたかったため、

 

「薄塗り → 乾燥(3時間)→ 400番で軽くサンディング → 薄塗り → 乾燥(翌日の昼まで)」

の工程で、ワックス仕上げを行った(長い)。

天気は晴れ、湿度も低かったので乾燥時間は短くてもよかったかもしれないが、最終乾燥は念には念を入れてほぼ一日をとった。

 

完成

翌日、乾燥終了後ようやくPCデスクの完成。

暗褐色で高級感のあるウォールナットが、蜜ロウワックスのコーティングでつやつやと輝いている。

1日半かかったが、しっかりと出来上がってよかった。

 

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

ウォールナットPCデスク

 

昔と今のPCデスク比較

完成したデスクを昔のデスクと入れ替えてみたので、設置後の様子を比較。

 

Before

旧PCデスク

「合板 縦600×横900×厚さ15mm」

 

After

テレワークデスク

「ウォールナット集成材 縦700×横1200×厚さ30mm」

 

もともとのデスク周りと今のデスク周りはモノも設備も全然違うが、実際見た目以上に使用感は大きく向上した。

 

新PCデスクのいいところ

  • 面積が広くなり作業がしやすくなった
  • テレワーク用ノートPC+外部ディスプレイを設置しても広々
  • 重量があり安定
  • ウォールナットの手触りがさらさらして気持ちいい(梅雨でもO.K.)
  • マウスがかなりいい滑り具合
  • おしゃれに仕上がったので、やる気が出る

 

デスクをDIYしてよかったこと

  • 自分の欲しいサイズ、材質のデスクが手に入った
  • 同等のサイズ、材質の既製品のほぼ半値
  • 家族がPCデスクをたくさん使ってくれる
  • ものづくりって楽しい

 

まとめ

自宅ワークスペース、テレワーク

テレワークが始まり、使いにくかったPCデスクを一念発起してDIYで制作した。

デスクが広くなることで在宅業務もしやすくなり、ブログを書く際にも大変使いやすくなった。

 

ウォールナット材は見た目の良さはもちろんのこと、書き物をするときやキーボードタッチで触れた時の肌触りが非常に良い。

ツルツルのウレタン加工ではなく、木の風合いを生かしたワックス仕上げをしてよかった。

 

天板も、アイアン脚も非常に丈夫にできており、生きている間ずっと使えるレベルではないだろうか。

「家の家具は父さんが作ったんだぞ」と子どもたちに自慢できるよう、少しずつ腕を磨いていきたいと思う。

 

DIYは初めての方だとそれなりにハードルを高く感じてしまうが、必要なものが一覧になっていれば意外と簡単に取り組める。

みなさんも自分の欲しいサイズ・材質のオリジナルのPCデスクをDIYしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

© 2021 Work Anywhere