Life

【最新2021年版】Audible(オーディブル)徹底解説!無料体験・解約・おトクな特典・使い方を紹介。

 

今回は、生活に簡単に読書習慣を取り入れられることで人気の「本を聴くサービス」、Amazon Audible(オーディブル)を紹介。

 

本記事では、

  • オーディブルのサービス・会員特典
  • オーディブルのメリット・デメリット
  • オーディブルの登録方法・使い方・退会方法

について詳しく解説する。

  • オーディオブックって何だろう?
  • 興味はあったけどよくわからない…

など、疑問に思ったり悩んでいる方は、本記事を参考にAmazon Audible(オーディブル)を試してみて、オーディオブックのある生活をスタートしてはいかがでしょうか。

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

Amazon audible(オーディブル)とは

amazonaudibleオーディブル

Amazon Audible(以下、オーディブル)は、Amazonが提供する本を読み上げてくれるオーディオブックサービスのことで、本、電子書籍(Kindle等)に次ぐ3つめの読書スタイル。

 

本を「読むもの」から「聞くもの」へと変えてくれるサービス。

通勤・通学や家事など「好きな時・好きな場所」で読書ができ、また、本を持たなくてもよいので「好きな姿勢」で本が読め、さらに目も疲れない。

 

読書習慣を生活の中に手軽に取り入れられる、今人気のサービスだ。

 

オーディブルはこんな方におすすめ

  • 忙しくてまとまった読書の時間が取れない方
  • ルーティン作業(家事・通勤・ランニングなど)に読書したい方
  • リラックスタイム(お風呂・ベッドの中など)に読書したい方
  • 語学学習(リスニングなど)をしたい方
  • 速聴で効率的に本を読みたい方
  • 繰り返し本を聴いて内容をインプットしたい方
  • よく小説を読む方

オーディブルのサービス内容まとめ

 

オーディブルのサービスや料金は以下の表のとおり。

概要
料金 月額1,500円
無料お試しキャンペーン 2021年5月27日(木)~6月29日(火)23時59分まで3か月無料キャンペーン中

30日あり

申し込みはこちら

提供コンテンツ数 40万冊以上
有料会員サービス特典 ・毎月1冊オーディオブック無料購入可能
・毎月1冊サービスブック取得可能
・単品購入は30%OFF
・本の返品/交換が可能
・無料のポッドキャストサービス

提供コンテンツ数は40万冊以上、有料会員登録による様々なメリットにより、使いやすさはオーディオブックサービスの中でトップクラス。

 

私もいくつかオーディオブックサービスを使用したが、最終的には「オーディブル」だけを継続。

無料お試し期間中に退会すれば料金が発生しないので、まずはためしてみるのがおすすめ。

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

無料会員登録をして魅力的な特典をもらおう!

amazonaudibleオーディブル

オーディブルは会員登録(月額1,500円)をすると以下の魅力的なサービスを受けることができる。

 

会員登録でもらえる特典5つ

  1. 自由に選べるオーディオブックが一冊無料
  2. 無料で聴けるボーナスオーディオブックが一冊無料
  3. オーディオブックを30%OFFで購入できる
  4. 気に入らなければ返品・交換可能な安心サービス
  5. 無料のポッドキャスト「Audible Station」を利用可能

 

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

特典1:好きなオーディオブックが一冊無料

 

有料会員特典として、会員には毎月オーディオブックと交換可能な「コイン」が一枚配布される。

このコインと好きなオーディオブックを交換することで、本を聴くことができるようになる。

オーディオブックには一冊2,000円~3,000円の価格が設定されているが、コインなら「どの金額のオーディオブックでも」交換可能。

 

  • 高価なオーディオブック   → コインで交換
  • 通常価格のオーディオブック → 30%OFFで購入

このようにコインと割引購入をうまく使い分ければ、オトクに高価なオーディオブックを手に入れられるのでおすすめ。

 

特典2:ボーナスオーディオブックが一冊無料

 

オーディブル会員なら毎月一冊、無料のボーナスタイトルがダウンロードできるようになり、特典もグレードアップした。

これは最近始まったオーディブルの新しい特典だ。

(ボーナスタイトルの本は通常販売されていれば2,000円以上するもの。

 

このサービスが開始されたことで、会員費用1,500円で毎月2冊のオーディオブックが手に入るようになった。

 

特典3:オーディオブックを30%OFFで購入できる

 

3つ目の特典は、「オーディオブックを30%OFFで購入できる」ことだ。

 

特典1でもお話しした通り、オーディオブックは一冊2,000円~3,000円で販売されており、通常の本に比べて安くはない。

ただ、オーディオブック購入時に30%OFFを適用すれば割引額は600円~900円程度となり、2~3冊の購入で会費1,500円の元が取れる計算だ。

 

1か月に複数のオーディオブックを聴きたい方は、会員登録がおすすめ。

 

特典4:気に入らなければ返品・交換可能な安心サービス

 

オーディブル有料会員なら、購入したオーディオブックの返品・交換サービスが付帯している。

 

私もオーディオブック利用開始前に心配だったのが、合わなかったり間違えて購入してしまった「ブックを返品できるかどうか」だった。

通常の本なら書店で内容や文字量を直接確認できるが、オーディオブックは内容だけでなく、「ナレーターの声質、読み方」なども本を選ぶポイントになってくる。

オーディブルなら、会員特典でオーディオブックの無料返品・交換ができる。

(オーディブルの規約では「常識的な範囲で」できることになっています。)

 

気に入らなかったり、耳に合わなかったりした場合には返品・交換をうまく使って、自分の耳に合う本を見つけてみよう。

 

特典5:無料のポッドキャスト「Audible Station」を利用可能

 

さらに有料会員は、追加料金なしで様々なコンテンツを楽しめるポッドキャスト「Audible Station」を利用可能。

 

Audible Stationのコンテンツ

  • ニュースチャンネル
  • 週刊東洋経済 eビジネス新書25選
  • 芸能人チャンネル(松本人志さん・東野幸治・ホリエモン他)
  • アルク 英語チャンネル
  • 文学チャンネル
  • 落語系チャンネル

オーディブルでしか聞けないチャンネルも複数あり、無料でも楽しめるチャンネルも多い

 

実際に使って気づいたオーディブルのメリット

 

① 最大のメリット:「ながら読書」+「繰り返し読み」で自然と生活に読書を取り入れられる

オーディブル最大のメリットは、「ながら読書」+「繰り返し読み」ができること。

「何かの作業と一緒に」、「何度も」本を読むことができるので、

新たに読書の時間をつくらなくていい

のがポイントだ。

 

オーディブルおすすめの読書シーン

  • 家事の最中
  • お風呂の中
  • 寝る前の布団の中
  • 通勤中
  • ランニング中 など

 

何かをしながら、繰り返し本が読めるので内容もどんどん頭に入って定着してくれる。

オーディブルを生活のシーンに取り入れることで、本に触れる機会が自然と増えていくのもいいところ。

 

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

② 「会話メイン」の本と相性抜群

 

オーディブルは「会話メインの本」と相性抜群だ。

 

  • 小説
  • 対談形式

 

等のジャンルの本はオーディオブックととても相性が良く、プロの朗読を聞いているだけでストーリーに引き込まれるのでとてもオススメ。

(本がドラマCDのように感じられる。)

 

ライトノベルなどではアニメで声を当てた声優さんが朗読してくれるものもあり、さながらアニメの続きを見ているような気分にもなれるのもいいところ。

ベストセラー作品の「嫌われる勇気」は、青年と哲人の対談形式で本が進むため、オーディオブックと相性抜群。

 

逆に初めて読む「専門書」との相性はいまいち。

(付箋やメモ書き、読み直ししずらいため)

ただ、オーディブルは「ながら読書」+「繰り返し読書」に長けているので、

 

  1. 本やKindleなどで購入して熟読
  2. さらにオーディブルでオーディオブックを購入し何度も聴く

この二重の読書により、本の内容をしっかり頭に叩き込んでおくことが可能に。

オーディブルが不得意な本でも使い方次第で、とても便利に使える。

 

③ 本を「聴く」ことで、読書へのハードルを下げてくれる。

 

オーディブルは本を聴くので、読書へのハードルを下げてくれる。

本を読むには「座る」「本を持つ」といった「構える動作」が必要。

 

そのため、疲れているときは本を手に取る気が起きないことも多い。

また、体勢が固定されるので意外と体が疲れたりすることも。

 

一方でオーディブルは本を「聴く」サービス。

スマホを操作するだけで、すぐに本が聴ける。

これまでの読書のような「構え」は不要で、リラックスした姿勢でいつでも読書を楽しめる。

これまで読書のために必要だった条件の多くを取り去ることで、読書に対するハードルを下げてくれた。

 

④ 好きなスピードで聴ける

 

オーディブルは自分の好みのスピードで本が聴ける。

 

設定可能な再生速度

0.5 ~ 3.0倍速

オーディブルの朗読速度は通常だと少しゆっくりめなので、自分の好みに合ったスピードを選べるのもいいところ。

 

  • 英語のリスニング
  • 速読

等にとても相性の良いサービスだ。

 

⑤ 本を持ち運びしなくていい

 

オーディブルなら、通勤中・移動中などに本を持ち運ばなくてよいので、荷物を軽くできる。

通勤や移動のときに本を持ち歩くと意外とがかさばり、荷物が重くなってしまう。

 

でもオーディブルなら、

スマホ+イヤホン

という、いつも持ち歩いている物だけで読書できるので、手持ちの荷物がスッキリ。

 

⑥ 本棚がかさばらない

 

オーディブルなら、本を購入しても本棚がいっぱいになったり、生活スペースを圧迫しない。

読みたい本を買うと、あっという間に本棚がいっぱいになり収納場所に困ることが多々ある。

 

オーディオブックはデジタルデータ保管なので自宅のスペースを圧迫したり、収納先を悩んだりすることもない。

 

特にオーディブルなら、

一度購入したオーディオブックは有料会員登録を解除しても無くならない。

昔買った本でも、いつでも好きなときに聞けるというのがうれしい。

 

⑦ 目が疲れない

 

オーディブルは本を「聴く」ので、目が疲れない。

日中はパソコン・スマホで目を酷使し、さらに読書自体も、小さな文字を長時間読み続けることになるのでかなり目が疲れる動作。

気が付けば、目がかすんで本を読みにくいことも。

 

オーディオブックなら本を聴けるので、読書をしながら目の疲労回復にもピッタリ。

 

⑧ 購入したオーディオブックを返品・交換できる

 

オーディブルは、オーディオブックを返品・交換できるので購入後も安心だ。

 

Audible公式サイトに書かれている規約は以下の通り。

オーディブル返品交換について

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。

(Amazon Audible規約より抜粋)

 

つまり、本来ひと月に一冊しか購入できないオーディオブックだが、

オーディブル会員になれば、適切な範囲での返品して月数冊のオーディオブックを聴くことができる。

というのが公式特典として案内されているということ。

 

聴き放題ではないものの、月数冊はオーディオブックを聴けることでユーザーをつなぎとめようとしているAmazonの努力が垣間見れる。

私たちユーザーとしては、返品可能という安心特典と上手に付き合っていきたいところ。

 

オーディブルのデメリット

 

紹介してきた通りオーディブルのサービスはかなり満足度が高いが、2つほどデメリットを感じた。

 

① 聴き放題プランが無い

 

オーディブルには聞き放題プランが無い。

2018年までは聞き放題プランの提供もあったが、現在はひと月に「無料1冊+ボーナストラックの1冊」のサービスとなった。

 

オーディオブック製作には「本+朗読」コストがかかるので、聴き放題プランでは価格が高くなりすぎる可能性が高い。

会員登録のハードルが高くなるため、聴き放題を設定しなくなったのだろう。

 

ただ、「コイン制」は初めての方には少しわかりにくいこと、一か月にもっと読みたいという需要はあるので、今後サービスとして増えると嬉しいなと思っている。

 

② 初めて聴く専門書だと内容がつかみにくい

 

メリットの②で紹介したのとは逆に、「初めて読む専門書」との相性はいまいち。

 

オーディブルは本に付箋を貼ったり、マーカーを引いたりすることができないため、メモの見返しやもう一度読みたい場所の読み直しができない。

特に、専門書などのメモ書きや読み直しが必要な本をオーディブルで初めて聴くのは、あまりおすすめしない。

 

可能なら、

「専門書を本で読む → 気に入ったらオーディブルで繰り返し聞く」

という使い方ならオーディブルのメリットを生かせるので、おすすめだ。

 

オーディブルおすすめ利用シーン

 

先の「いいところ」でも紹介したとおり、オーディブルは「ながら読み」との相性が抜群。

 

オーディブルおすすめ利用シーン

  1. ルーティン作業中
  2. リラックスタイム
  3. 語学の勉強

私もだいたいこの3つのシーンでオーディブルを使用している。

 

【シーン1】ルーティン作業

 

家事

家事とオーディブルはかなり相性がいい。

 

家事の時間は1ジャンルごとに10~30分程度なので、オーディブルを聞きながらだとアッというまに終わっていることも多い。

逆に、「まだ、この先が気になる!」というようなときは、そのまま続けて別の家事を片付けてしまうことも。

 

通勤、通学中

電車やバス、車、歩いているときなど、オーディオブックを聴く機会はたくさん。

歩きながら聞いても前を向けるので人の迷惑にならず、乗り物酔いしないというメリットも。

 

テレワーク中

テレワーク中もオーディオブックは活躍。

 

動画視聴では仕事にならないけれど、朗読なら聞き流しもできるのでBGMとして使える。

ポイントは、「カメラのマイクを必ずOFF」にすること。

 

ランニング・トレーニング中

amazonaudibleオーディブル

オーディブルのおかげでトレーニングにも簡単に読書を取り入れられるように。

ランニングやバイクなど、長時間のトレーニング中に特におすすめ。

 

【シーン2】リラックスタイム

 

お風呂

amazonaudibleオーディブル

オーディブルならお風呂のも本を楽しめる。

本をお風呂に持ち込むおはおすすめできないが、防水のスマホなら問題ナシ。

 

寝る前

amazonaudibleオーディブル

寝る前、ベッドや布団の中のリラックスタイムにも読書ができる。

ベッドサイドのライトでは少し読みにくかった本も、オーディブルならベッドの中でぬくぬくしながら読書ができてしまう。

 

【シーン3】語学学習・リスニング強化

オーディブルには、語学勉強用や外国語のオーディオブックがそろっている。

 

サンプルを確認しながら自分のレベルに合ったブックを選べる

再生速度を好きに変えて、リスニングレベルアップができる

などのことから、語学学習・リスニング強化にもピッタリ。

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

オーディブルの使い方手順を解説

 

ここからはオーディブルの使い方を紹介していこうと思う。

オーディブル利用開始の手順

Step1:2ヶ月無料体験に登録する。

Step2:スマホ・タブレットにオーディブルアプリをダウンロードする

Step3:作品を端末にダウンロードする

これら3つの手順で、簡単にオーディブルを始められる。

それでは実際の画面を見ながら、解説スタート。

 

Step1:2ヶ月無料体験に登録する

 

① Amazon Audible(オーディブル)トップページへアクセス

 

まず、Amazon Audible(オーディブル)トップページにアクセスしよう。

アクセスができたら、

  • 無料体験を試す。今すぐ聴こう。

をクリック。

amazonaugibleオーディブル

 

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

② Amazonアカウントでサインイン

 

オーディブルはAmazonアカウントが必要。

Amazonアカウントを、

  • 持っている方    → 「サインイン」
  • お持ちでない方は  → 「Amazonアカウントを作成」

をクリック。

amazonaugibleオーディブル

 

③ 支払方法を選択

 

サインインが完了したら、お支払い用のクレジットカードを選択または登録。

(現在は無料体験申し込み中なので、この段階では料金はかからない。)

Amazonアカウントに紐づいたクレジットカード番号が表示されるので、希望のカードを選択。

 

※料金がかかるのは、

  1. 利用開始から2か月が経過してから
  2. (キャンペーン期間が30日の時は30日経過後)
  3. オーディオブックを追加で購入する場合

のどちらかなので安心して手続きを進めていこう。

 

amazonaugibleオーディブル

 

カードを選択すると、「無料体験を試す」ボタンがオレンジ色に点灯するので、クリック。

 

amazonaugibleオーディブル

④ サインイン(ログイン)完了!

 

下記画面が表示されれば、無事オーディブルへのアカウント登録が完了し、サインイン(ログイン)できた状態になった。

 

amazonaugibleオーディブル

次にアプリをダウンロードして、スマホ、PCなどですぐに使えるように設定しよう。

 

Step2:スマホ・タブレットにアプリをダウンロードする

 

アカウント政策が完了したら、アプリ(Amazon Audible)をスマホなど手持ちの端末にダウンロードしよう。

(以下のリンクから直接ダウンロード可能です。)

googleplay

Appstore

 

Step3:作品を端末にダウンロードする

 

アプリのダウンロードが完了したら、さっそく起動してオーディオブックをダウンロードしてみよう。

 

① 読みたいオーディオブックを選んでクリック。

 

まずは、読みたいオーディオブックをクリック。

(今回は、「今月のボーナスタイトル」で試してみます。)

amazonaugibleオーディブル

 

 

② オーディオブックを購入する

 

オーディオブックのリンクやサムネイルをクリックすると、オーディオブックの購入ページに進む。

中段にあるボタンをクリックして、オーディオブックを購入しよう。

 

購入時の表示は以下の通り。

購入方法 表示
コインで購入する場合 1コインで購入(無料)
ボーナスタイトルの場合 ¥0で購入(無料)
通常購入の場合 ¥〇,〇〇〇で購入(有料)

 

今回はボーナストラックの購入なので、表示は「¥0で購入」となっている。

 

注意ポイント

購入は「Wi-Fiに接続している状態」で行なうのがおすすめ。

オーディオブックを購入すると、そのままオーディオブック(約100~200MB)のダウンロードが開始されるので通信量に注意しよう!

 

 

購入を完了すると、下記画面が表示される。

「ライブラリーを見る」をクリックすると、ダウンロードしたオーディオブックの確認と再生ができる。

 

 

ダウンロード直後は、オーディオブックのサムネイルにタイマーが表示されている。

 

 

ダウンロードが完了するとタイマーが消え、オーディオブックの再生準備完了。

表示されているオーディオブックをクリックすると…

 

 

オーディオブックの再生スタート。

再生速度や、聴きたい章へのジャンプの機能なども備えており、かなり使いやすいインターフェースとなっている。

 

 

これで、オーディブルの一通りの使い方はO.K.。

手軽に読書ができる、オーディオブックのある生活を楽しんでみてください!

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

オーディブルの解約手順を解説

 

最後に、オーディブルの解約手順を紹介。

無料期間中オーディブルを使ってみて「やっぱり自分には合わないかな」と思った方もいると思う。

そんな場合は、期間内に解約して余計な出費が出ないようにしよう。

 

オーディブルの退会手続きは少しややこしいので、以下の手順に沿って進めてほしい。

オーディブルの解約(退会)手順

解約前に必ずすること:コインを使い切ろう!

Step1:オーディブルPCサイトにアクセスする

Step2:PCサイトから解約手続きを開始

Step3:引き止められるが、かまわず解約

 

正しい手順で進めれば、オーディブルは簡単に解約できる。

 

解約前に必ずすること:コインを使い切ろう!

 

オーディブル解約前に、未使用のコインはすべて使い切っておこう。

 

オーディブルは有料会員を退会した後も、購入・ダウンロードしたオーディオブックをアプリから聞くことができる。

せっかくなので無料期間中や有料会員中に配布されたコインはしっかり使い切って、オーディオブックと交換しておくのがおすすめだ。

 

Step1:アプリからは解約できない!PCサイトへアクセスして解約しよう。

 

オーディブル解約の注意ポイントは、

  1. アプリから解約できない
  2. PCサイトにアクセスして解約する

の2点だ。

まずは、アプリトップページの一番下にある「PCサイト」のボタンをクリックする。

amazonaugibleオーディブル

 

Step2:PCサイトから解約手続きを進める

 

PCサイトに移動したら、ページ一番上の「〇〇さん、こんにちは!」をクリックする。

amazonaugibleオーディブル

 

クリックすると「会員タイプ」が表示されるので、ここをもう一度クリック。

(無料期間中なら〇〇日間無料と表記されている。)

amazonaudibleオーディブル

 

「会員タイプ」表示画面の中段に、小さな文字で「退会手続きへ」というボタンがあるのでクリック。

amazonaugibleオーディブル

 

改めて、Amazonアカウントへのログインが必要になる。

登録した「メールアドレス」「パスワード」を入力し「サインイン」をクリックして次のページへ。

amazonaugibleオーディブル

 

Step3:引き止められるが、かまわず解約

 

ここでようやく、オーディブル解約(退会)手続きがスタート。

(長い!)

表示されたページのグレーのボタン「このまま退会手続きを行う」をクリックすればオーディブル解約が完了になる。

 

注意ポイント

解約時期によってはこのボタンをクリックした後も「本当に解約しますか?」というページが数回続くこともある。

解約しにくくなるような引き留めの文句がたくさん出てくるが、かまわず解約ボタンをクリックし続けよう。

これら3ステップでオーディブルは解約できる。

意外と簡単に解約ができるので、無料のオーディオブックをもらいすぐ解約してしまうのも可能。

せっかくなので、まずは一度試してみるのがおすすめ。

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

オーディブルをもっと快適に楽しむためのモノ

 

【必須アイテム】ワイヤレスイヤホンで快適なオーディブル環境づくり

ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2

オーディブルを快適に楽しむために必要なモノ、それは「ワイヤレスイヤホン」だ。

 

オーディブルのいいところは、

好きな時に好きな場所で本を聴けること。

 

移動中や、家でオーディブルを使う場合、周囲の人や家族に迷惑にならないようスピーカーではなくイヤホンを使いたいシーンも多い。

これらの課題は、ワイヤレスイヤホンを使えばすべて解決できる。

本当の意味で自由な読書をオーディブルで楽しむには、ぜひ「ワイヤレスイヤホン」の使用がおすすめ。

 

今私が使っているのは、

イヤホン  : 「ゼンハイザー:MOMENTUM True Wireless2」

ヘッドフォン: 「ゼンハイザー:MOMENTUM3」

音質がとても美しく、音楽だけでなくオーディブルの読み上げ時も素敵な声を届けてくれる。

おすすめのワイヤレスイヤホンだ。

ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2
ワイヤレス最高の音質。音にこだわるワイヤレスイヤホン『SENNHEISER MOMENTUM True Wireless2』レビュー

続きを見る

momentum3ワイヤレスヘッドフォン
最高の音質。耳が幸せになるワイヤレスヘッドフォン、ゼンハイザー『MOMENTUM 3』をレビュー

続きを見る

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥27,000 (2021/12/06 10:54:16時点 Amazon調べ-詳細)
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,755 (2021/12/06 03:35:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

本も読みたいなら「Kindle」もアリ

やっぱり聞くだけじゃなく本を読みたいという方には、電子書籍の「Kindle」がおすすめ。

私も元々「紙の本じゃないと絶対ダメ」というほど紙の本での読書にこだわりを持っていたが、

  • 本のように収納場所に困らない
  • 持ち運びがかさばらない
  • 「辞書機能」が子どもたちの読書にぴったり

など強烈なメリットにより、一生持ち続けたいと思える本以外はすべて「Kindle」で読むようになった。

(一時は廊下にまであふれていた本が、電子書籍購入と不要本の処分で一気にきれいになったのにはかなり驚きました。)

 

おすすめの端末はコスパNo.1の「Kindle Paperwhite」。

Kindle Paperwhite
【2021年最新】もう本の収納や持ち運びで悩まない!快適な読書環境づくりのマストアイテム。『Kindle Paperwhite』をレビュー。

続きを見る

エレコム Kindle Paperwhite 保護フィルム 2枚入り ペーパーライク上質紙 TB-KP10FLAPL
エレコム

 

今なら読み放題サービスの「Kindle Unlimited」もキャンペーン中なので、オーディブルと合わせて新しい読書ライフを楽しんでみるのもおすすめ。

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

 

まとめ

 

今回はAmazonから提供されているオーディオブックサービス「Amazon Audible(オーディブル)」の紹介をしてきた。

 

私はもともと月に数冊程度本は読んでいたが、本またはKindleでの読書が基本。

オーディオブックは利用したことが無かった。

 

ただ、無料体験に申し込んでみたところ、

  • 「ながら読書」でたくさん読める
  • 楽な姿勢で読書ができるようになる

などメリットがたくさん。

毎日、自然に読書の時間をつくれるので、これまで以上に時間を有効活用できるようになった。

 

オーディオブックサービスに合うか合わないか悩んでいる方は、今申し込めばオーディブルは2か月無料で利用可能。

会員特典で2冊、ボーナストラックで2冊、合計4冊のオーディオブックをもらい、その後すぐに退会してしまえば費用も掛からない。

私と同じく、無料体験に申し込んで実際に使用感を確かめてみるのがおすすめ。

 

もし、オーディオブックが気になっているとしたら、ぜひ気軽に無料体験に申し込んでみてください!

\\オーディオブックがもらえる。30日間無料体験!//

Amazon オーディブルはこちら

※解約はいつでも可能。最初の一冊は無料。

スポンサーリンク