Life

【DIY】誰でもカンタン!テーブルの「蜜蝋ワックス仕上げ」に必要なモノと方法を紹介

 

DIY初心者でも簡単にできる「蜜蝋ワックス仕上げ」に必要なモノと方法を紹介

 

最近はダイニングテーブルやデスク、オープンラックをDIYで製作したりして、すっかりDIYや家の住みやすさアップをするのが趣味みたいになってきた。

ちなみに我が家では、DIY製品の多くが蜜蝋ワックス仕上げ。

無垢材の木の質感や風合いをダイレクトに楽しめるので大変おすすめだが、「メンテナンスが必要」ということで悩んでいる方も多いはず。

 

そこで今回は、DIY初心者でも簡単に「蜜蝋ワックス仕上げ」ができるよう、必要なモノと手順を紹介していこうと思う。

 

 

3年使手入れしての感想:「蜜蝋ワックス仕上げ」は簡単でかなりおすすめ!

白ネルとワックス

初めてダイニングテーブルをDIYしてから3年、「蜜蝋ワックス仕上げ」をしたダイニングテーブルの汚れやシミのメンテナンスをしてきた。

 

結論から言って、

「蜜蝋ワックス仕上げ」は簡単でかなりおすすめ

だと感じている。

 

私が、蜜蝋ワックス仕上げが良かったと思うところと気になるところは以下の通り。

 

蜜蝋ワックス仕上げがおすすめなところと気になるところ

未晒し蜜ロウワックス

私が感じる「蜜蝋ワックス仕上げ」のいいところは、以下の5つ。

蜜蝋ワックス仕上げのいいところ

  1. 木そのものの質感を楽しめる
  2. 木材の発色が良くなる
  3. 自然ないい香りがする
  4. メンテナンスが簡単
  5. 程よく撥水してくれる

 

逆に気になるところは2点。

蜜蝋ワックス仕上げで気になるところ

  1. 水シミ、キズ、汚れが付きやすい
  2. 定期的なメンテナンスの必要がある

 

木の質感を感じられるテーブルは控えめに言って「最高」

木の手触り、木目の躍動感、ほんのりかおる蜜蝋の香りを感じながら家族で食事をしたり、仕事をしたりするのがとても心地よい。

 

以前使用していたウレタンニス仕上げでは感じなかった、「このテーブルで何かしたい」という感覚。

不思議と食事がおいしく感じるし、自宅での仕事のスタートが苦にならなくなった気がする。

 

また、水シミや汚れはたびたび発生するものの、以下で紹介する方法でメンテナンスすればほぼきれいになるので全く問題なかった。

 

以上のことから私にとって、

木の質感を感じられるテーブルは、メンテナンスの手間があったとしても最高

と感じている。

 

ぜひ、テーブルの天板仕上げで悩んでいる方は下記の必要なモノと、手順を参考に「蜜蝋ワックス仕上げ」を選んでみてほしい。

ウォールナットPCデスク
【DIY設計図あり】ウォールナット天板でおしゃれなPCデスクを自作する方法と必要なモノまとめ

続きを見る

小川耕太郎∞百合子社
¥3,800 (2021/12/06 22:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

解説:蜜蝋ワックス仕上げ、ウレタン塗装仕上げの違い

 

私が、テーブルやデスクのDIYなどで最も悩んだのが

テーブル天板の仕上げ方法

だった。

 

仕上げ方法には主に、

・オイル仕上げ(蜜蝋ワックス仕上げはこちら側)

→メンテナンスの手間がかかるが、木の質感が楽しめる。

・ウレタンニス仕上げ

→メンテナンスフリーだが、木の質感はあまり感じられない。

の2種類があり、テーブルなど木工DIY経験がある方が悩むポイントのひとつだと思う。

 

私の場合は、テーブルが無垢材だったため

せっかく無垢材を選んだのだから木の質感を楽しみたい。

ということで、メンテナンスの手間はかかるものの「蜜蝋ワックス仕上げ」を選択した。

 

蜜蝋ワックス仕上げに必要なモノ

 

蜜蝋ワックス仕上げに必要なモノは以下の4つ。

見出し(全角15文字)

  1. 蜜蝋ワックス
  2. ウエス(布の端切れ、使い古しのシャツでO.K.)
  3. サンドペーパー(600番)
  4. ハンドサンダー

 

小川耕太郎∞百合子社
¥3,800 (2021/12/06 22:47:22時点 Amazon調べ-詳細)
SK11(エスケー11)
¥1,158 (2021/12/06 09:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

蜜蝋ワックスは未晒し蜜ロウワックス 300ml Cタイプ」を使用している。

(DIYの仕上げでは必ずこのワックスを使用。)

 

のびが良く、香りもさわやかで季節ごとの塗り直し(メンテナンス)も簡単。

しっとりした質感で、水はじきや艶もキレイ。

(他のオイルを使用すると、特有のにおいが残ってしばらくお部屋が臭くなるためNG)

容量はいくつかあるが、300ml入りを買っておけばO.K.。

また、このワックスにはいくつかタイプがあるが「Cタイプ」の柔らかさが個人的にはお気に入り。

 

手順1:サンドペーパーでシミ・キズ・汚れを削る

 

 

キズや汚れ、シミがある場合は紙やすりで削ってしまおう。

 

毎日テーブルを使っているとシミ・キズ・汚れなどは、それはもう当たり前のように発生する。

(子どもがいるとテーブルが毎日のように汚れるので、もうあまり気にならなくなりました。)

 

そんな場合は、「サンドペーパー」や「ハンドサンダー」などを使って、テーブル全体や気になる部分を削ればきれいな天板を取り戻せる。

(※傷や汚れが無い場合は、かたく絞った雑巾で表面を拭いて、手順2の蜜蝋ワックス塗りへ。)

 

1-1 気になるシミ等はピンポイントで削る

 

テーブルに気になるシミなどがあれば、指を使ってピンポイントで削ろう。

あまり範囲を広く削りすぎると、周辺の色が変わるので注意。

 

1-2 サンドペーパーで天板表面をまんべんなく削る

気になる部分をサンドペーパーで削ったら、次は天板全体をまんべんなく削り見えにくい汚れやキズをきれいにしよう。

 

紙やすりの番手は「600番」。

全面や側面を削る場合はハンドサンダーがあると、スムーズに処理ができる。

 

サンドペーパーがけのポイント

木目に沿って一方向に引く

強く押しつけない

 

の2つに気をつければ、ペーパーによる傷も残らず天板はかなりなめらかに。

SK11(エスケー11)
¥1,158 (2021/12/06 09:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

このようにシミが気になる表面も、

 

しっかりサンドペーパーでやすり掛けすれば、このようにテーブル全体に広がっていたシミも気にならなくなった。

 

最後に、かたく絞ったふきんで表面を軽く拭いたら、サンドペーパーがけは完了。

 

手順2:蜜蝋ワックスを塗り込む

サンドペーパーがけが終わったら、次は蜜蝋ワックス塗りへ。

 

2-1 蜜蝋ワックスは「厚すぎず、まんべんなく塗る」

 

蜜蝋ワックスは

厚すぎず、まんべんなく塗ること

に気を付けていこう。

小川耕太郎∞百合子社
¥3,800 (2021/12/06 22:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ワックスをウエスにとって塗りのばしていくときは、「強く塗り込む」のではなく、「優しく塗りのばす」くらいの気持ちでまんべんなく塗っていくのがちょうどいい感じ。

 

天板の色が塗り前と塗り後で変わっているのがわかればO.K.。

 

全体的に塗り込みが終わった様子がこちら。

全体的につやつやして、見た目からコーティングされているのがよくわかる。

 

注意:厚塗りしすぎには気を付けよう

 

DIYをやっていると、蜜蝋ワックスのような木部保護剤を塗る際に、ついつい「厚く塗るとコーティングが長持ちする」と思って厚塗りしがち。

確かに一時的に保護効果は上がるかもしれないが、

 

  • 乾燥まで時間がかかる
  • ワックス消費量が上がり、コストがかかる
  • 厚塗りしても効果時間が長く続くとは限らない

など、デメリットもあるので注意しよう。

(個人的には、下記で紹介する2度塗りの方が効果が高いような気がしています。)

 

手順3:8時間程度、風通しの良い場所で乾かす

ウォールナットPCデスク

天板全体に蜜蝋ワックスが塗り終わったら、しっかりと乾燥させよう。

 

乾燥するときの時間と場所

  • 約8時間以上乾燥させる
  • 暗所(直射日光の当たらないところ)
  • 風通しの良い場所

 

 

乾燥時間は季節によっても異なり、冬などの乾燥シーズンなら6~8時間程度、梅雨時期なら12時間から24時間くらいかかることもある。

乾燥完了時間になってもしっとりしている場合は、2~3時間程度追加で乾燥させた方が良いかもしれない。

 

3-1「蜜蝋ワックス2度塗り」で撥水力やコーティング力UP

 

撥水力や汚れへのコーティング力アップしたいのであれば、

 

蜜蝋ワックス2度塗り

がおすすめ。

 

「蜜蝋ワックス塗り→乾燥」した後、もう一度「蜜蝋ワックス塗り→乾燥」工程を繰り返すことで、撥水力、コーティング力がアップ。

子どもの食べこぼしや、牛乳こぼしなどの大事故にも十分耐えられるようになるので、私はいつも二度塗りするようにしている。

 

手順4:出来上がり!

乾燥が完了すれば、「蜜蝋ワックス仕上げ」が完了。

 

蜜蝋ワックスを塗る前には乾燥していた天板も、すっかりと潤いを取り戻しつやつやに。

サンドペーパーで表面を削ったおかげで、以前より滑らかな手触りになった。

 

まとめ

 

今回は、デーブルやデスクの天板を「蜜蝋ワックス仕上げ」するために必要なモノや手順を紹介してきた。

 

先にも言った通り、私はテーブル天板を「蜜蝋ワックス仕上げ」にして本当に良かったと思っている。

 

触れると、木の質感をダイレクトに感じるコトができ、それだけでテーブルに座っている時間が楽しい。

さらに無垢材なら木目を、集成材なら組まれた機の模様そのものを楽しめるのもいいところだ。

 

メンテナンスに多少手間がかかるのが不安だったが、作業自体は数か月に一回程度。

テーブルの経年変化を楽しみながら作業できたので、それほど苦にならなかったのもよかったポイントだ。

 

ぜひ、今後DIYされる方、天板の仕上げ方法を迷っている方は本記事を参考に「蜜蝋ワックス仕上げ」を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク